経験するとモテる!? 「幼なじみへの片想い」で見える恋の本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

経験するとモテる !? 「幼なじみへの片想い」で見える恋の本質

「一番近くにいるのに、どうして私の思いに気づいてくれないの?」

時間が経てば経った分だけ、余計に自分の気持ちが伝えにくくなる切ないジレンマ。“幼なじみの恋”ほど切ないものはありませんよね! 辛そう!でもなんか憧れちゃう(笑)幼なじみの恋。知ることで“恋の偏差値”を大幅アップできちゃうかも。

そこで今日は、そんな切な~い片想いについて、『Menjoy!』の過去記事を参考書に、一緒に考察していきましょう。

 

■あなたもついやっちゃってない!? “片想い女子”のNG行動

それダメダメ!片思い女子が“苦しい恋愛を招く”NG行動3つ

片想いの期間が長くなればなるほど、恋愛対象外として見限られてしまうNG行動をしてしまう女性、結構多いようです! 

もしあなたが友達ではなく恋人として彼のそばにいることを望むのなら……控えるべき行動は控えたほうが自身のためですよ~。

具体的には、“彼の友達から色々な情報を聞き出す”や“無理して彼の好みに合わせようとする”などがNG行動に当てはまります。まずは彼にウザがられないことが第一です。

 

■押しても引いてもダメなら、生物学に則って……“一緒に汗をかこう”

片思い女性に朗報!激しい●●の後に会うと男は落ちる

端から見ると、相手が鈍感過ぎて「オイッ!」って感じ(笑)。“幼なじみの恋”って大抵の場合、片想いサイドは一生懸命に自分の気持ちをアピールしていることが多いですよね。

そんな困った状況に陥った際は、生物学的な“吊り橋効果”を利用しましょう。男性は、激しい運動の後に女性を見ると、いつもより性的魅力を感じやすくなる傾向にあるんですって。

一緒に運動できるジムやアウトドアに出かけるのも良いですし、映画デートの際はギリギリに待ち合わせをして、劇場まで走るのも効果的と言えそう……!?

 

■心が折れそうな人は、最後のチャンスを“同窓会”にかけてみて

期待とギャップで燃え上がる!“同窓会で男を落とす”テッパン話題とは

大人になるにつれ「不毛な恋からは卒業しよう」と、幼なじみへの“恋心”を諦め始める女性も多いのでは? しかし諦めてしまう前に、同窓会の再会で最後の期待を思い切りぶつけてみてはいかがでしょうか。

会話に共通項が多ければ、それだけ恋が生まれやすいものです。長い時間を共有した“幼なじみ”のあなたほど、その点で優位な人は他にいないでしょう。

気になる人との共通の思い出や、好きだった又は嫌いだった教科や先生の話をするだけで、相手からの好意を引き出すことができるので是非お試しあれ!

 

いかがでしたか? 「イケてる幼なじみなんていないよ」って方も是非参考にして、恋のイメトレで恋愛偏差値を上げてくださいませ。

 

【関連記事】

※ 既読ムシよりツラい!LINEで「未読スルーさせない」裏ワザ4つ

※ 夜も眠れない!? 今晩カレに「アナタのことを妄想させる」方法4つ

※ 女と全然違う!オトコが「別れた後に実は内緒でしてるコト」3つ

※ 性欲の豆知識で逆算!オトコが「だんだん好きになっていく」テク

※ 知ってた?合コンより高確率「運命の人と出会える場所」トップ3

 

【姉妹サイト】

※ ノーモア沈黙!名刺交換の気まずさを回避する「すべらない会話ネタ」3つ

※ 数ヶ月待ち!アメリカで「高くてもバカ売れしている」パーカの秘密