> > 恥ッ…やりすぎたか!「オトコが彼女の性欲に引いた瞬間」7つ

おすすめ記事一覧

恥ッ…やりすぎたか!「オトコが彼女の性欲に引いた瞬間」7つ

2014/11/15 23:00  by   | 自分磨き

恥ッ…やりすぎたか!「オトコが彼女の性欲に引いた瞬間」7つ

女性は歳を重ねるごとに性欲が上昇するといわれていますね。

これだけ定説になっているのなら、彼女の性欲についていけなくなり、「聞いてよ、うちの彼女ってば……」と言いたい男性も日本のどこかにいるのではないでしょうか。 

というわけで、そんなマイノリティ男子の思いを汲んだ『Menjoy!』は、男性500人に「彼女の性欲に引いた瞬間」についてアンケートを実施しました(協力:クリエイティブジャパン)。

「いつも彼が襲ってくれるから私は大丈夫」なんて言っているあなたも、数年後には予想外の性欲に襲われているかもしれません。今から頭の片隅に留めておきましょう。

 

■1:脱ぐの早い

「素早く服を脱いでベッドに入ったとき」

「初めての女なのに恥じらいもなくさっさと服を脱ぐ女」

恥じらいの表情を見るのは男の楽しみでもあります。彼の喜びを奪わないのも思いやりの一つ。

 

■2:タイミング違う

「公共の場で足を絡めてきたとき」

「恋愛映画で感動シーンなのにその気になる」

TPOをわきまえて、発情期の犬と間違えられないように気をつけましょう。

 

■3:酔うと豹変

「お酒を飲むと豹変したようになる」 

「飲んでるときに必要以上におっぱいをあててくるので、逆になえた」 

ほろ酔いはかわいいですが、酔うほどにエロくなる絡み酒はNGです。 

 

■4:準備万端すぎる

「家に大人のおもちゃがたくさんあったこと」

「彼女の部屋を訪ねたら、既に裸の状態で出迎えられた」 

男性が裸好きなのは正しいかもしれませんが、ムードがないと効果半減。正しい知識は正しく使いましょう。

 

■5:下ネタに前のめり

「下ネタをうれしそうな顔で言う」

「会話に下ネタを挟んできたときにドン引きした」 

下ネタは振られるものであり、女性自ら振るものではありません。

 

■6:精力剤、AVを推奨

「精力剤みたいなものを渡してくる」 

「朝も昼も場所を選ばず求めることが毎日のように続くこと。色々な薬のような物をやたら購入して毎日のようにすすめる」

「やたらと、エッチなDVDを見せたがる」 

目的がわかりやすくて話が早いのですが、こうもダイレクトだとプレッシャー大きすぎです。

 

■7:とにかく求めてくる

「居酒屋で合コン中から、トイレで待ち伏せされて出口で無理矢理キスをされ、終わって部屋に来るなり飛びかかられた」 

「AV嬢のような目つきをしたとき」

「ソファーに座っていたら、チャックを下げて来たとき」

「もう限界だよ、といったのにのしかかってきて……」 

男女ともに言えることですが、行為はあくまで“二人で”おこなうもの。相手の思いを無視した一方的なアタックは嫌がられてしまいます。

 

以上、独自アンケートより“彼女の性欲に引いた瞬間”をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

難しいのは、“男性から喜ばれる積極性”と、“男性が引く積極性”の境界線。彼のボーダーラインスレスレをおさえればしめたものですが、女性から果敢に攻めるのは若干リスキーでもあります。

今回のアンケートのように引かれてしまった彼女と同じ轍を踏まないように、ほどほどにしてくださいね。

 

【関連記事】

※ もうバレバレ!「惚れた女に無意識にしてる」男の変な態度3つ

※ 全裸でカレー!男が考えてる「彼女との妄想シチュエーション」4つ

※ そそられる?彼氏がいるのに「なぜかコクられる女性の特徴」4つ

※ 正直…全員にモテたい!オトコが「あなたのファンになる」方法3つ

※ 女とは違うから注意!「実はオトコに言っちゃダメ」NGワード4つ

 

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ バケツにハンバーガー!? アメリカのおかしすぎる「食べ物サイズ」

 


【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン

 

【画像】

by A.M.F. photo  

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'三井さおり'の過去記事一覧