しないって決めた!独女が結婚せずに「武装」する究極の方法5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

しないって決めた!独女が結婚せずに「武装」する究極の方法5つ女性の社会進出が本格化しても、結婚しない独身女性“独女”への視線はまだまだ厳しいですよね。

こっちがそんなつもりじゃないのに、「結婚はいいの」なんて言ったら「負け惜しみか」と決め付けられてしまいます。

そこで今回は、恋愛コラムニストの島田佳奈さんに、その著書『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』を参考にしながら「独女が結婚せずに“武装”する方法」について答えていただきました。

 

■1:性別超越タイプ

「男性からは“面白い奴”と思われるタイプの女性っていますよね。こういう女性は一見、男性からは恋愛対象圏外となっているため不本意に思えます。

しかし、基本的には男女を問わず人気があるので、そういったことは気にならないはず。むしろその圧倒的人気のおかげで、モテているかのように見えることも。芸能人で言うと、久本雅美さんですね」

 

■2:“私は私”タイプ

「とにかく周りとは良い意味でなじまない、つるまない、独特の世界観を持った女性というのも、“あいつ結婚できないんじゃね?”という批判をかわすのにもってこいです。

桃井かおりさんや、中谷美紀さんなどがその好例です」

 

■3:正統派美人タイプ

「ルックスに自信のある人は楽ですよ。とにかく美を見せつけ“僕なんて相手にされない”高嶺の花になればいいんです」

 

■4:オヤジ系女子タイプ

「サバサバしていて、モテるはモテるけど、あまりの湿気のなさから“恋愛に興味ないんだ”と敬遠されるタイプもありだと思います。観月ありささんや小泉今日子さんですね」

 

■5:エリートタイプ

「“女”としての幸せよりも、社会貢献を選んだ社長、学者などのエリートタイプは、生き様の格好良さが目立ち、恋愛できていなくても誰も気にしません。

また、教師やNPO活動をしている、会社員でも仕事をバリバリするタイプ、などもこれに属するといえるでしょうね」

 

いかがでしたか?

みなさんももしも、私はたぶん結婚しないと思い始めたら、オトコ達から「結婚しないんじゃなくて、できないんだろ」とバカにされる前に、きちんと“武装”しましょうね。

 

【関連記事】

※ もうバレバレ!「オトコが本命女子だけにするキス」2パターン

※ 私たち付き合ってるの?オトナの関係でも「告白が大切」だと判明

※ 夜も眠れない!? 今晩カレに「アナタのことを妄想させる」方法4つ

※ 女と全然違う!オトコが「別れた後に実は内緒でしてるコト」3つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

 

【姉妹サイト】

※ 実は男性より難しい!? 「女性部下」を上手にマネジメントするポイント3つ

※ 日本にいても油断大敵!爆発的に広がる「エボラ出血熱」米英の現状

 

【参考】

※ 島田佳奈(2014)『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社)