> > 「可愛いっ」言ってくれるのは女だけ?男ウケ最悪冬服ワースト5

おすすめ記事一覧

「可愛いっ」言ってくれるのは女だけ?男ウケ最悪冬服ワースト5

2014/11/13 08:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

「可愛いっ」言ってくれるのは女だけ?男ウケ最悪冬服ワースト5

そろそろ秋服から冬服に衣替えする季節ですね。早々とクリスマス・モードになった街で冬服を揃えるのは楽しいものですが、年末年始と出会いの場が増えてくるこの時期、シングル女性としては多少なりと男ウケが気になるものです。

今回は、社交的なおつきあいのためのマナーなどを学ぶフィニッシングスクールでヘアメイクの講師をしていた金田ひろふみさんに、“女子がかわいいと思っても男ウケが悪い冬服”について教えていただきました。

 

■1:白タイツはNG? 60デニール最強説

「寒くなると何かとカラータイツを履く方がいますがそこは白や黄色とかではなく足がきれいに見えるように黒タイツをおススメ! しかし黒すぎて輝いているようなのはNG! 王道の60デニールがおススメです」

実年齢より幼い格好をすると、多くの女性はモテとは正反対の方向にいってしまいますよね……。特に白や黄色のタイツは、恋愛をするような年頃の女性の服装としては幼い印象があります。迷ったときは、適度な上品さとSEXYさを兼ね備えた60デニールのタイツをチョイスしておきましょう。

 

■2:全身黒すぎるファッション

「確かに全身黒にすると引き締まって見えて大人っぽくも見えますがここはあえてスカートやパンツはダーク系。コートだけは白などにして女性らしさと可愛らしさを融合してみては。ただし、リボンがあまりにも使われているものはNG。カワイカッコいい女子を目指しましょう!」

甘すぎず辛すぎず、適度に女性らしさを演出することができれば、初対面でもオシャレでかわいらしい女性と思ってもらえそうです。シンプルでありつつ、細部が少しガーリーなくらいがちょうどよさそうですね。

 

■3:背を高く見せるための上底スニーカー

「背を高く見せたい場合にスニーカーで上底すぎるものは男性からすると引きます。冬はやはり女性らしく軽めのヒールなどいかがですか?」

スタイルをよく見せるつもりでも、歩き方がどうしてもドスドスしてしまう厚底はデート向きではなさそうですね。男性と会うときは、脚は長く見せるだけでなくラインを美しく見せることにも気を使いたいものですね。

 

■4:寒い時こそ長めのパンツよりもショートパンツにトライ!

「寒いのでやはり長めのパンツを合わせることが増えてきますが冬こそスタイルをよく見せるためにショートパンツに黒タイツ、そして長めのブーツですらっと足を長く見せましょう。このスタイルは男性にかなり好まれますよ! ただしその際はコートなどは長めよりもスッキリラインを見せるものにしましょう!」

カジュアルなのに色気もあり、タイツとあわせれば防寒もばっちり。ショートパンツはモテの万能アイテムなので、是非、前述の60デニールタイツとあわせて着用してみてください。

 

■5:ニット帽と毛糸の手袋

「寒い季節ニット帽がかなり増えてきますが、ごちゃごちゃ見せないように気を付けないと野暮ったくなります。まさかの首からぶら下げる毛糸の手袋を合わせたら彼の気持ちはドキドキどころかがっかり間違いなし。寒い中にも女性らしさはきちんと見せましょう!」

あまりモコモコしてしまうと、雪かきの作業着のように見えてしまう危険性も……。ワンポイントだけカジュアルなアイテムを取り入れるなど上手に使えばかわいいものですが、なかなかの上級テクなので、あまりおしゃれに自信の無い方は避けておいたほうが無難かもしれませんね。

 

いかがでしたか?

「冬は全体的に露出度が低くなり男目線からすると少し寂しい時期です。しかしながらファッションを楽しめるのは間違いなく冬です。そんな季節にこそ女性らしいキレイ可愛いを目指して相手の気持ちをがっちり掴みましょう! 冬のほうが相手の気持ちをこちらに向けるのはある意味簡単ですよ!」

と金田さん。確かに、チラリズムなど控えめな色気がウケる日本では、誰もが大胆に露出してしまう夏のカジュアル服より、品のある冬服から少しだけ見える美しいボディラインの方がポイントが高そうですね。

 

【関連記事】

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ 全裸でカレー!男が考えてる「彼女との妄想シチュエーション」4つ

※ もうバレバレ!? 選ぶネクタイの色で見抜ける「男性の深層心理」

※ 性欲の豆知識で逆算!オトコが「だんだん好きになっていく」テク

※ あえてディスる!? 社会人カレが思わずオチる「飲みデートテク」5つ

 

【姉妹サイト】

※ なんかムカつくけど!「嫌いすぎる同僚」となんとかうまくやる4つのコツ

※ グイグイ迫りすぎて失恋「加減しらず女子」が50.4%もいると判明

 

【取材協力】

※ 金田ひろふみ・・・熊本のフィニッシングスクールでヘアメイクの講師を経験し、男性を磨くためのスクール講師を歴任。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'星 花'の過去記事一覧