ヤダ大興奮?友達でも「ここでキスしてぇッ」となる雰囲気の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ヤダ大興奮?友達でも「ここでキスしてぇッ」となる雰囲気の作り方

いい雰囲気になって、ここでキスでしょ!ってときにいつまでもダラダラしゃべってる男性っていますよね。恥ずかしいのか、勇気がないのか、「こっちから仕掛けさせるつもり?」と少々イラッとしますが、こんなときはどう対応するのがベストなのでしょうか。

今回は、「女友達ですらキスの雰囲気にもっていける」と語る元IQキャバ嬢の紫崎キラリさんにお話をうかがいました。

 

■1:まずはリラックス

「話続けてしまう状態というのは、テンション高めですよね。神経が高ぶっていて、緊張しているのです。

人間は相手と呼吸を合わせる傾向がありますから、女性側が呼吸を深くゆっくり行い、リラックスすることで、場の空気が落ち着いてきます」

 

■2:目を見て、口を見る

「リラックスした状態で、相手の目を見て、そしてゆっくりと口を見ます。すると、不思議なことに相手も同じ目線の動きをします。相手がこちらの口を見たとき、ゆっくりと微笑んでください」

 

■3:シーッとやる

「この雰囲気に相手が耐えられず、口を開こうとしたら、相手の口に垂直に人差し指を当てて、“シーッ”とやってください。そしてもう一度目を見てください」

 

■4:手をにぎる

「だいたいココで相手がキスしようとしてきますが、してきたら顔を少しずらし、しないようにしましょう。そして、手をにぎってください。

もし、相手が動かなかったら、目を見ながら手を触ってください。目に意識があるので、手を近づけても、触れるまで相手は緊張しません。触れたら“冷たいね”もしくは“あたたかいね”と言いましょう」

 

■5:身体を近づける

「顔ではなく身体を近づけるのがポイントです。手が触れたら腰や肩などの胴体部に触れるのはスムーズにできるので、手をかけ、身体を寄せましょう」

 

■6:髪の毛をカーテンにする

「顔を近づけ、髪の毛がカーテンのように相手の目と鼻を軽く覆うようにします。触れなくてもいいです。コレをするには、顔の角度はキスの角度ではありません。唇は遠ざかります。

髪の毛のニオイはいい香りにさせておきましょう。視界も嗅覚も制覇すれば、男性の理性は陥落寸前です」

 

■7:ニオイをかぐ

「■6の体勢では、鼻が相手に最接近しますので、ニオイをかぎましょう。唇と唇は触れそうで触れない距離を保ちましょう」

 

■8:ここでキスでしょ!?

「……ってここまでくると相手が思っています。私の場合は唇をずらしながら近づけ、また目を見たり、散々焦らします。しないで終わることもありますが、たいてい途中で相手が強引にしてきます。焦らした分だけキスの時間は熱く長くなりますよ」

 

いかがでしたか。男性と良い関係を築くには、キスはとても大事なコミュニケーション。デートはするけど、なかなか次のステップに進めない……という女性はとくに参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ そそられる?可愛くないのに「なぜかヤリたくなる女性の特徴」3つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ 完全保存版!シャイでも自然にできる「ボディタッチテク」12個

※ 悩まないで!「暗いし…特に優しくもない私」がモテる方法2つ

※ 心外ですっ!「合コンなんて行きません男子」が思ってること3つ

 

【姉妹サイト】

※ 働く女子のやる気UP!憂鬱な朝を「少し明るくしてくれる」幸せ飲物

※ にゃんと!猫アレルギーでも飼える「アレルゲンが少ない猫」7種

 

【取材協力】

※ 紫崎キラリ・・・指名してくれない男性の特徴を表計算ソフトでリスト化し、傾向を常に分析。その男性が選ぶ嬢の着ている服、メイク、性格、喋り方等すべての傾向をカテゴライズして徹底解析し、No.1に上り詰めた元IQキャバ嬢。Twitterアカウントは @KilaliShisaki 。