> > 実はペットを大事にすることが結婚への近道だった!?

おすすめ記事一覧

実はペットを大事にすることが結婚への近道だった!?

2011/08/08 18:30  by   | ニュース, 結婚

「長くつきあっている彼がいるけど、なかなか先へ進めない」とお悩みの方は多いと思います。そんな煮え切らない彼との間に新しい可能性を開くには、“ペットの力”を借りてみてはいかがでしょう?

アメリカの心理学ニュースサイトPsych Centralから、ペットの未知の力を4つご紹介いたします。これは、同棲カップル必見のニュースですよ!

 

■事例1:仲裁役

親戚の急病のため、テリア犬のペニーを引き取ったバツイチカップルのケイティとロブ。すっかりペニーの虜になった、その後のふたりの様子はというと……。

「ペニーは私たちの仲裁役なんです。ペニーが来る前は、けんかをするとお互いの間に壁を築いて、何日も口を利かないことがありました。今はけんかの後、どちらかがペニーのことを話し出すんです。そうするつもりがあるのではなく、なぜかそうなってしまって、けんかが収まるんですよ」

ペットが“第三者”、つまりカウンセラー的な役割を果たすという考え方は、関係心理学から来ています。カップルが意見や価値観のことで争いになり、お互いが両極の主張をし合って、結局、何の進展もなく行き詰ってしまう。

……こんな悪しきパターンにはまり込んでしまうことって、よくありますよね。

カップルカウンセリングでは、このような時にカウンセラー(セラピスト、コーチ、コンサルタントなど)が第三者として、行き詰ったところに新たな空間を開くと考えられています。

不思議なことですが、多くのカップルと彼らのペットを見ていると、ペットがカウンセラーと同じような役割を果たしているのがわかります。

“毛皮をまとった友人”であるペット(カメとかトカゲとか、甲羅やウロコをまとった友人も含む)がいると、カップルの心がよりオープンになり、ネガティブな関係パターンが変わるきっかけになることがあるのです。

また、ペットがいると笑いが絶えないと、ほぼすべてのカップルが報告しています。「今日、この子がこんなことをしてね。可愛いの!」という会話はなにものにも代えがたいもの。緊張感や疲労感でいっぱいな時間が、楽しい“私たちの時間”になる瞬間です。

 

■事例2:橋渡し役

出張が多い仕事に就くデイビットについて、一緒に引越しをしたメアリー。知り合いのない新しい町で、仕事を探すのは大変。1ヶ月後にはふたりの間は、あからさまに険悪なムードに……。

そこにやって来たのが、黒いフレンチブルドッグのウィルバー。デイビッドの留守中のメアリーをなぐさめるだけでなく、ウィルバーを連れて散歩するふたりに、ご近所の“犬友”ができはじめました。

そしてウィルバーは、初対面の緊張を解き、ご近所との橋渡し役をしてくれたのでした。

 

■事例3:よりよい結論

キャセイとマークのケンカの原因は、“早く夕食にしたいマーク”vs“夕食前にはジョギングをしたいキャセイ”の対立。どちらもお互いに悪いとは思いつつ、どちらも譲ろうとしません。

そんなところにやってきたのが、シェルティ犬のブルックリンとアリゾナ。犬を散歩に連れて行くことが必要になったキャセイとマークは、思いがけず全くケンカをしなくなりました。夕食前にふたりで一緒に犬の散歩をして、その後、夕食の準備をすることになったのです。

なんだか、ほのぼのした話ですが、「ふたりのニーズの対立に“ペットのニーズ”が加わった時、よりよい第三の結論に落ち着くことがある」と、多くのカップルが言っています。

 

■事例4:仲人役

相手のことをよくわかっていると、カップル同士は思いがち。でもそう思いこむことで、相手の未知の一面を知りそびれてしまうこともあります。

ところがペットと一緒にいると、ちょっと違った視点から相手を見られることがあります。そのことでいっそう愛が深まり、ついには結婚へと導かれることになるかも。ペットを飼うカップルからのこんな証言をご覧ください。

「眠る子猫を胸の上にのせて、ソファにねころがってテレビを見ている彼が大好きなんです」

「彼女が僕の猫を看病してくれた時のことは忘れられません。惚れ直しました」

「彼が犬を可愛がっている様子を見て、この人となら結婚できると思ったの」

「他の女性だと僕の動物好きに文句を言うでしょうね。彼女しかいません!」

 

いかがでしたか? ペットは家族の一員と感じている人は多いと思いますが、まさかカウンセラー役や、仲人的な存在にまでつとめてくれているとは意外でしたね。

パートナーとなかなかと先へ進めないとお悩みの方には、ペットが力になってくれるかもしれません。そして言うまでもありませんが、ペットを一度迎え入れたら家族として一生大切におつきあいください。

それができる人だけが、ペットの大いなる力を貸してもらえるのですから。

 

【参考】

※ Is Your Pet The Emotional”Third”in Your Relationship? | Healing Together for Couples

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'Menjoy!編集部'の過去記事一覧