> > これが現実!●割の男は「好みじゃない女」と付き合えると判明

おすすめ記事一覧

これが現実!●割の男は「好みじゃない女」と付き合えると判明

2014/12/03 18:00  by   | 男性心理

これが現実!●割の男は「好みじゃない女」と付き合えると判明「彼好みの女になりたい!」「彼はどんな女性がタイプなの?」……。気になる男性が現れたら、そう考えてしまうのが女心というものではないでしょうか。

でも、勇気を出して「どんな女の人がタイプ?」と聞いてみたのに、「やっぱり石原さとみみたいな子かなあ」、「かわいくてスタイルがよくて家庭的でいつも笑顔の子」なんて言われてしまったら、「私にはとても無理……」と絶望するしかありませんよね。

では、実際、男性は“好みじゃないタイプの女性”とつきあうことができるものでしょうか?

そこで今回は、『Menjoy!』が20~30代の男性500名に対して実施した「好きなタイプと現実」アンケート結果から、男性は“好みじゃないタイプの女性”とつきあえるのかどうかをご紹介したいと思います(協力:クリエイティブジャパン)。

 

■約3割の男性が“好みじゃない女と交際経験アリ”

同アンケートの「好きじゃないタイプの女性とつきあったことはありますか?」という設問に対して、「ある」34%、「ない」66%という結果に。約3割の男性が、“好みのタイプじゃないけどつきあった”経験があるとわかります。

 

■好みでなくても“女性が押せば”可能性アリ!?

なぜ、彼らは“好みではない”とわかっているのに、交際をはじめたのでしょうか? もう少し詳しく理由を見てみましょう。

「告白されてそのうち情が移って」

「相手にしつこく言い寄られたから」

「勝手に家に住みつかれた」

「向こうからのアタックがすごかったから」

交際理由のひとつとして、目についたのが“女性側からアタックされて交際スタートした”パターン。理想とは違うタイプの女性でも、つきあってみたら相性が合った……なんてこともあるようです。

 

■やっぱり!? “体目的”の場合も……

もうひとつ、交際理由として目立ったのが“体目的”のパターン。

「やらせてくれそうだった」

「日照り続きだったので仕方なく」

「身体が先行してしまって」

……女性側としては、せっかく好きな人とつきあえたのに、こんな風に思われたら、残念極まりないですよね。

とはいえ、アンケート結果を見ると「つきあってから後悔した」という意見もチラホラ。「つきあったものの、結局すぐ別れることになった」という回答もありました。

 

いかがでしたでしょうか? 「私は彼好みの女じゃないかも……」と気落ちする前に、思い切って彼にアタックしてみるのも手かもしれませんね。ただし、彼が“体目的”な男かどうかは、しっかり見極めたいところです。

 

【関連記事】

カワイイと思わせる!美人じゃなくても男が錯覚「モテの5要素」

限定してモテる!狙ったオトコから「デートに誘われる方法」3つ

必殺!カレ好みのタイプになる「後出しジャンケン」3つ

女性の好みに一貫性はあるのか?浅野忠信の女性遍歴を振り返る

「彼好みの女」になる!男性が合わせてもらって嬉しいと感じるコト2つ

 

【姉妹サイト】

※ 公私混同かよ!仕事の場面で「絶対言ってはいけない」NGフレーズ3つ

※ 恋人にお金をかけるのはどっち?日本vsアメリカのプレゼント事情

 

【参考】

ボイスノートインタネットリサーチ – クリエイティブジャパン

 

【画像】

True Portraits

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'黒井まりこ'の過去記事一覧