クリスマス映画が苦手な彼も「コレだっ!」と一緒に観る映画4本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

クリスマス映画が苦手な彼も「コレだっ!」と一緒に観る映画4本

ロマンチックでお涙ちょうだいのクリスマス映画が嫌いな男性っていませんか? そんな彼と一緒にDVDを選ぶのって難しい! せっかくだから二人が楽しめる映画をチョイスしたいですよね。

そこで今回は、海外男性情報サイト『askmen』の記事を参考に、クリスマス映画が苦手な男性でも楽しめるチョッと古いアメリカ映画を4本厳選してみました。

 

1:ホラー好きの彼なら・・・『悪魔のサンタクロース』(1984年)

全米で上映禁止の州が続出!  PTAやら学校やら教会まで巻き込んだ抗議運動が展開された危険な映画。

サンタが人を殺しまくる、というB級なストーリーではありますが、シリーズ5作品も出た80年代を代表するカルトホラー。観ていて損はないでしょう。怖いフリをして彼に抱きつくチャンス!

監督はチャールズ・E・セリアー・Jr。リリアン・ショーヴァン、ロバート・ブライアン・ウィルソン出演。

 

2:アクション好きの彼は・・・『リーサル・ウェポン』(1987年)

メル・ギブソンが元特殊部隊あがりの刑事という負のヒーローを演じた映画。心に傷を負った自滅型刑事とマイホームパパ刑事、正反対な二人の友情を基軸にした警察物。

同シリーズは4作品出ていますが、第一作目はコミカルな色が薄く、キャラクターがより深く描かれ、ちょっとオトナなアクション映画に仕上がっています。格闘シーンがリアルなのでアクション好きの彼は喜ぶのでは?

共演はダニー・グローヴァー、ゲイリー・ビジーら。監督は『スーパーマン』や『グーニーズ』などのリチャード・ドナー。

 

3:ドラマが好きな彼は・・・『天使のくれた時間』(2000年)

ニコラス・ケイジ主演のファンタジー映画。地元の彼女を捨ててキャリアをつかみ、ウォール街で成功した男が、ある日目覚めると、その彼女と結婚して地元で暮らすもう一つの人生を歩んでいた……。

「もし、あのときに違う選択をしていたら?」という誰もが抱いている思いを主題としたラブストーリーです。

ニコラス・ケイジよりも、ケイト・レイノルズ役ティア・レオーニの演技が注目を浴び、サターン主演女優賞を受賞しました。エンディングが印象的で、彼との議論に花が咲きそう。『ラッシュアワー』のブレット・ラトナーが監督。

 

4:コメディ好きな彼とは・・・『サイレントナイト/こんな人質もうこりごり』(1994年)

クリスマスイブの夜、強盗の人質になってしまったのにもかかわらず喧嘩ばかりしている夫婦。さらに、クレイジーな家族が加わり、強盗の手の負えないハチャメチャな状況に……というよくある筋書きですが、ケビン・スペイシーとジュディ・デイビスの芸達者ぶりが見ごたえ抜群のブラックコメディ。

郊外生活や結婚をシニカルに描いているので、普通のコメディでは物足りない彼にはぴったり。監督は『ブロウ』や『ラウンダーズ』のテッド・デミ。

 

壮大なラブロマンスや泣けるクリスマス映画が、どうしても苦手な男性は多いよう。もし上記の映画を観ていなかったら、ぜひ彼と一緒に楽しんでみてくださいね。

 

【関連記事】

デパートへ走れ!彼の職種別「買わせやすいクリスマスコフレ」4つ

急いで!彼をクリスマスや初詣デートに誘う「ベストタイミング

ワンピースにダメ出し!? 男が「クリスマスに着てほしい服」3選

簡単過ぎて拍子抜け!? クリスマスまでに彼氏を作るとっておきの方法

クリスマスにまだ間に合う!「1ヶ月で-5kg痩せられる」アノ食材

 

【姉妹サイト】

※ ほんの数分で知的カワイイ髪に!覚えたい「ビジネスヘアアレンジ」テク3つ

※ ●分以上だとイラッ!デートで「遅刻」だとみなされる時間が判明

 

【参考】

Top 10: Christmas Movies For Guys – askmen

 

【画像】

※ © Africa Studio / Dollar Photo Club