> > 最後の荒治療!「カレと結婚するために」覚悟のお別れテク2つ

おすすめ記事一覧

最後の荒治療!「カレと結婚するために」覚悟のお別れテク2つ

2014/12/11 18:00  by   | 結婚

最後の荒治療!「カレと結婚するために」覚悟のお別れテク2つ

とんとん拍子で結婚する人もいれば、彼がなかなか煮え切らずにゴールインできない……という人もいます。特に交際が5年前後と長い人は、「このまま“永すぎた春”になってしまうのでは」と不安になってしまうでしょう。ダラダラと付き合っていてもらちが明かないので、最後にとっておきの手段を紹介します。

米ニュースサイト『The Huffington Post』に掲載された記事を参考に、「最後の荒治療!“カレと結婚するために”覚悟のお別れテク2つ」をお届けしますが、これは本当に荒治療なので気安く真似をしてはダメですよ! でも成功すれば、効き目は絶大です。

 

■1:自分から別れて男のプライドを揺さぶる

交際が長くなると、彼にとってあなたが“居て当たり前の存在”になっている可能性高しです。特に同棲しているカップルの場合は、「結婚しているも同然だし、結婚する必要ある!?」と彼が開き直っている場合も……。

そんな彼のお尻に火を付けるには、あなたが自分から別れを切り出すことです。ここで大事なのは、“あなたから”という点。

というのは、男は自分でフッた女のことはすぐに忘れても、フラれた女にはプライドを傷つけられて未練を引きずってしまうからです。それが長年付き合った彼女なら尚更です。

そして別れを切り出すときは責め口調ではなく、なぜ別れなければいけないのか落ち着いて気持ちを伝えること。最後のあなたの印象が、怒りをブチまけている姿ではいけません。最後の最後で、しっかりした大人の女性である印象を植えつけておきましょう。

 

■2:男に考える時間を与えるために、別れたら一切の連絡を絶つ

そして別れたら、彼と一切の連絡を絶つことです。別れて後悔してしまっても、自分からメールや電話をしてはいけません。自分から別れたのなら、最後までやり通す必要があります。

しばらくしたら、彼から様子伺いやたわいのない内容のメールが届くかもしれませんが、軽い内容のものは全てスルーしてください。彼から「色々考えたけど、将来を共にするのはお前だけだ。だからもう一度、話し合いたい」といったような、覚悟を決めた内容のものが届いて初めて返信しましょう。

男は、失ってから初めて彼女の大切さに気づくことが多いことは確かで、一人で考える時間が必要なこともあります。もしかしたら、3ヵ月や半年といった長い時間がかかることがあるかもしれません。それでも本当に失いたくない女性であれば、覚悟を決めたら男は必ず戻って来るはずです。

 

気をつけなといけないのは、ここまでやり通す覚悟がないのなら、このテクニックを絶対使ってはいけない点です。余程の覚悟がなければ、彼からの様子伺いのメールをスルーなどできないからです。中途半端だと効果はありません。

最後までやり抜くからこそ、彼が追いかけてくるか追いかけてこないかで、彼があなたと結婚したいかどうか本心が見えてくるでしょう。

 

【関連記事】

男性が「そろそろかな」と妥協で結婚したくなる理由9個

女子力じゃ…ない!プロポーズされる「大人力の高い女子」特徴5つ

アノコトを口にするだけ!? 「彼にプロポーズされる」超簡単ワザ3つ

想像するだけでキュン!彼にしてほしい「理想のプロポーズ」を徹底調査

即プロポーズもアリ!? 1年以内に結婚できる男の特徴4つ

 

【姉妹サイト】

※ これは…「遊び場じゃねえ!」と周囲からムカつかれる職場ランチ4種

※ 日本の景気は女性次第!? 美人が増えると4.6兆円もの経済効果が

 

【参考】

Closure and Other Catastrophes: 10 Commandments for Breaking Up – The Huffington Post

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'さとうけい'の過去記事一覧