もう大丈夫!「淡泊男子」のスイッチを入れるとっておきの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

もう大丈夫!「淡泊男子」のスイッチを入れるとっておきの方法

「以前は毎晩だったのに最近回数が減ってきた……」「OKのサインは出しているはずなのに……彼氏が積極的に誘って来てくれない!」いわゆる“草食”ではないけど、何かが煮え切らない。中には、「もう、私に興味がなくなってしまったのかしら」と、密かに思い悩んでいる女性も多いのでは?

実はその理由、最近急増中の“淡白男子”にあるのかもしれません。あなたの彼は淡泊な方ですか?それともガツガツしてますか? まずは下記項目をチェックしてみてくださいませ。

 

■“淡泊男子”ってどんな人? チェックリストを大公開

“淡泊男子”とは、女性サイドがどんなに“その気”になっていても、なぜか積極的に手を出してこない男子のこと。性的欲求はあるはずなのに、どうにもその片鱗が顔を出さないため、彼女をついつい不満にさせてしまうことも……。

具体的には、

・付き合いが長くなるにつれ、エッチの回数が減っていく

・とても良い雰囲気でOKなのに、終電で帰ってしまう

・“友達”を超えるような行動をしてこない

といった特徴が挙げられます。

これらを解決するために、ボディタッチや服の露出などを試す女性も多いようですが、“淡泊男子”にはかえって逆効果になるケースもあるので要注意! 彼らの対策としては、“スイッチ”を押してもらう“きっかけ”を作ること。より男性の本能をピンポイントで射抜く方法が必要となってきますよね。

 

『リビドーロゼ』を使えば、“淡泊男子”の本能が顔を出す!

そこでおすすめなのが、LC(ラブコスメ)『リビドーロゼ』です。ある特別な香水として人気の商品で、男性のスイッチがオンになる瞬間をとことん研究してつくられたベリーフローラルの香りを身にまとうことができる優れもの。通販のみで16万個以上も売れています。

「女性の香りだけでときめいた経験があるか」というアンケート調査の結果、なんと93.7%の方が“ある”と回答したことからもわかるように、この香水をきっかけに、“淡泊男子”の本能が顔を出すなんてことも……!?

もう大丈夫!「淡泊男子」のスイッチを入れるとっておきの方法

その秘密は、香水に含まれるイランイラン花油という古くからセクシーなイメージと称されてきた甘~く濃厚な香りと、オスモフェリンというフェロモンを意識した独特の成分にあるんだとか。

まさに、二人の急展開な恋愛ムードを高めるのに最適な演出と言えるでしょう。

 

■こんな体験アリ……!?

実際に体験した人の声を聞いてみると、

<片思いの人の隣に座れたときに、ぼそっと「すげーいいにおいするけど、香水? シャンプー? 」といきなり聞いてきました。(na-oさん/20歳/技術職)>

<飲み会の時、そろそろお開きとなり、みんなで駅に向かって歩いていたら、突然彼に腕を掴まれ……「もう少しだけ、話しませんか?」と。

「抱きしめたいんです」と言われ、そのまま抱きしめられてしまいました。うれしいけど、半信半疑で、「信じられない! 何で?」と言うと、「かっこいいのに、香りがやばくて。そのギャップにやられました」と。(みつばちさん/39歳/会社員)>

<いつも「それじゃあまたね」とわりとあっさり別れる彼が「もう少し」と言って再び車を走らせました。「今日いい匂いする、すごく好き」と呟かれ、内心驚きです。

「今日の匂いやばい、興奮しそう」といって胸をゆーっくり触り、ほっぺに何度もキスされました。口にしてほしくて思わず自分から近づくと「だめ」と言って顔を離されました。「キスしたら我慢できなくなる」と。(めぽさん/24歳/教員)>

と、何かが煮えきらない彼との関係に、急展開の兆しが見えた方も多いよう。

 

「彼の本心がわからない……」と悩んでいた人は、この機会に是非一度LC(ラブコスメ)『リビドーロゼ』を試して、彼のスイッチを入れる“きっかけ”をつくってみてはいかがでしょうか。

もう大丈夫!「淡泊男子」のスイッチを入れるとっておきの方法

 

【参考】

16万個突破香水『リビドーロゼ』 – LCラブコスメ

ウソ!? 意中の彼が急に求めてきたきっかけは「見た目」ではなく●●だった