> > 男性の嘘にまんまと騙されないための最強テクニック【後編】

おすすめ記事一覧

男性の嘘にまんまと騙されないための最強テクニック【後編】

2011/08/12 13:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い, 男性心理

前編では、『男性の嘘にまんまと騙されない為のテクニック』を3つご紹介しました。この後編では、実際に嘘を問いつめる時にとるべき行動を4つ、ご紹介していきたいと思います。

 

■1. 相手の嘘を問いつめるときは、電話ではなく対面で!

人は嘘をつくとき、感情の揺れやしぐさが言葉や態度に表れます。相手と顔を見ながら話しているときの女性の脳をMRIでスキャンしてみると、左右あわせて14~16ヶ所が活発になっているのに対し、男性の場合活発になるのは4~6ヶ所だそう。

女性は相手の言葉、ボディランゲージ、声の変化などを読み取るのが男性よりも得意なのです。したがって、相手の嘘を問いつめるときは、より情報量の多い対面で問いつめましょう。

 

■2. 嘘を問いつめる時は、相手のパーソナルスペースに入り込もう!

話している相手との距離が近すぎると、人は落ち着きをなくします。アメリカの文化人類学者、エドワート・ホールによると、家族や恋人など、ごく親しい間柄に限って許されるパーソナルスペースは0cm〜45cmとされています。

この距離は密接距離と呼ばれ、家族・恋人以外の人が入り込むと不快になるとされています。たとえあなたが恋人であっても、相手が嘘を抱えているときはこの密接距離に入られたくないはず。

嘘を問いつめるときはこの密接距離に入り込み、落ち着きをなくさせることで、嘘を見破るのが容易になります。

 

■3. 相手より高い位置に座ってみよう!

相手より高い位置に座る事で、さりげなく威圧感を与えられます。相手の嘘を問いつめるときは、是非、相手より高い椅子に座るなどの工夫をしてみましょう。

また、そのときは足も腕も組まず、椅子の背にもたれることで、真実を受け入れる体制になりましょう。

 

■4. 相手の姿勢や身体の動きをそっくり真似てみよう!

恋愛のみならず、ビジネスや交渉の場面でもよく使われる、ミラーリングと呼ばれるテクニックです。相手の動きやしぐさをそっくりまねることで、相手との間に親密さが生まれます。

これできっと相手は、あなたに嘘をつきにくくなることでしょう。

 

いかがでしたか? 前編・後編にわたってお届けした、嘘を見破るテクニック。まんまと騙されて悔しい思いをする前に、是非一度これらのテクニックをお試しください!

 

【参考】

※ アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ(2004)『嘘つき男と泣き虫女』 主婦の友社

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'一ノ瀬都'の過去記事一覧