使ってない女子はいないよね?「ギャップ効果の作り方」基本5技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

使ってない女子はいないよね?「ギャップ効果の作り方」基本5技

異性が相手のことを意識するときに、ギャップを見たときという意見って多く聞きますよね。あなたも男性がちょっとしたときに見せるしぐさや表情にドキッとしてしまった経験があるのではないでしょうか?

ギャップを見せるには色々な方法がありますが、服装を変えるのは比較的考えやすいですよね。でも、具体的にはどうしたらいいのでしょう?

今回は、恋愛本作家の藤沢あゆみさんに、ギャップ効果を見せやすいファッションアイテムを教えてもらいました。

まず最初に、ギャップ効果の作り方の基本を教えてもらいました。

「コーディネイトの中でギャップを作る場合、真逆なものを組み合わせることが基本です。また、見せると隠すのコントラストをつくることがポイントです。趣味に走ったものをひとつ入れると面白いギャップが作れます」

とのことです。

 

■1:長→短のギャップ

「長いコートの下にミニワンピースを着るのはかなり効果的です。絶対領域のような目を奪われるかわいくセクシーな姿の上にバランスをとって、コートはカチッとしたトレンチコートなどがいいでしょう」

確かに冬は外と屋内での服装の差が激しくなりやすいです。お店に入るまでは完全防備なのに、お店でコートを脱いだら肌が結構露出するなど、男性が好きそうなギャップを作れます。

 

■2:動+静のギャップ

「ぴたっとしたジャケットと柔らかいスカートや、紺のブレザーとシフォンスカートなどのギャップもおススメです」

かっちりした服になりすぎると、真面目というイメージを大きく与えてしまいます。また、シフォンスカートなどは歩くたびに揺れるので、セクシーに見えますよ。

 

■3:細+太のギャップ

「サイズ感のコントラストを作るのも大切です。襟ぐりが大きくあいたふわっとしたニットには、タイトスカートやホットパンツをあわせるといいですよ」

トップスはボワッとしたものを選び、下はピッタリというのは、自分の身体の見せたくない部分を隠すのにも使えそうですね。

 

■4:硬+緩のギャップ

「ぴたっとしたモヘアのニットとハリのある素材のフレアースカートや、ライダーズジャケット。モッズコートにふわっとしたワンピースを合わせたりするのもギャップが出ていいです。

このとき使うライダーズジャケットは白やシルバーグレイなどが新鮮ですが、ギャップ効果がいちばん見えるのはスタンダードな黒です。

ピーコート、ライダーズジャケットなど男の子アイテムのものは、親近感が湧くそうなので、ぜひ試してみてください」

また、最後に、趣味に走ったものをひとつ入れると面白いというテクニックも教えてもらいました。本当に好きなキャラクターものなど、男の人が見てもわかるワンポイントがあると突っ込みやすく、話題にしやすいのだそうです。

 

いかがでしょうか? 服装のギャップと言っても、色々な種類のものがあるのですね。冬は服を多く着るので、それだけバリエーションも増やせそうです。

ぜひ気になる男性にギャップ効果を見せて、相手をドキッとさせてみてくださいね!

 

【関連記事】

※ え…そこかよ!オトコが「チロッと胸が見えたとき」思ってること5つ

※ あらっ…嫌われてる?「反応が冷たい男」に効果的な会話テク6つ

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

※ ルックス関係なし!オトコが「もっと話したい」と思う女の特徴5つ

 

【姉妹サイト】

※ ココを見て!面接で「いい会社かどうかを判断できる」チェックポイント4つ

※ もう失敗しない!夫の禁煙を成功に導くちょっとしたサポート術4つ

 

【取材協力】

※ 藤沢あゆみ(ふじさわあゆみ)・・・2003年より作家として恋愛、人間関係に関する著書20冊超。25000件の恋愛相談に回答。服飾デザイナーを経て10年活動を続ける経験を活かし恋愛や仕事に悩む人のコンサルティング、自己実現したい人のブランディングも行う。「藤沢あゆみオフィシャルブログ