> > 最近カレがおかしい…浮気よりも疑うべきな「男の鬱病」サイン8つ

おすすめ記事一覧

最近カレがおかしい…浮気よりも疑うべきな「男の鬱病」サイン8つ

2014/12/30 12:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

最近カレがおかしい…浮気よりも疑うべきな「男の鬱病」サイン8つ

最近、彼の様子に変わったことはありませんでしたか? 誰しもがかかりうる鬱病。先行きのわからない経済や、過酷な労働条件……。多くの男性は、社会的なプレッシャーを抱え込んでいるものです。

そこで今回は、米国の医療ネットメディア『Health』に寄せられた臨床心理学士の見解をもとにした記事を参考に、鬱病にかかった男性の特徴をあげていきましょう。

 

■1:すぐ「疲れた」という

鬱病になりかかっている人は、感情や肉体の顕著な変化を感じているものです。アラバマ大学の臨床心理学士であるクラポー先生によると、鬱病にかかるはじめると、男性は女性よりも“疲れ”を感じ、口に出すことが多くなると言及しています。

 

■2:睡眠時間の過多もしくは過小

不眠症(インソムニア)や、朝早く起きすぎてしまう、または寝すぎてしまう等の睡眠問題は鬱病の典型的なサインです。

また就寝中に、何度も起きては寝ての繰り返しをする男性も要注意です。

 

■3:腹痛や腰痛

ニューヨーク大学のサスマン教授によれば、腹痛や消化不良または腰痛をうったえる男性には、本人は気づいていないことが多いが、鬱病を発生している可能性がおおいにあるそうです。鬱病患者の多くには、身体的な問題や病気が併発するとか……。

やはり心と体は一つなのでしょう……。

 

■4:やたらと短気

何事もネガティブにとらえてしまうため、イライラを隠しきることが出来ません。

 

■5:集中力の欠如

仕事や会話の最中も、ネガティブな思考が頭の中を交差するので、集中することが難しくなります。何をしても上の空の彼はもしかしたら……?

 

■6:お酒やタバコの過剰摂取

お酒やタバコの摂取の本義とは“紛らわし”です。たしなむ程度なら健康的かもしれませんが、過剰摂取はストレスの根源を“忘れる”ため……。

男性には、その傾向が特に強く表れるそうです。

 

■7:夜の営みに大影響

鬱病が、性的欲求の減少やEDの原因になることは周知の事実ですよね。「最近彼が求めてこないけれど、私に何か問題が!?」とパニくる前に、彼のストレス過多を心配してあげてみましょう。

 

■8:普段よりも優柔不断

何をするのにも“自信喪失”な精神状態なので、決断力に著しい影響が出ます。普段から優柔不断な彼なら、元々の性格である可能性もありますが、今まで普通に決断が出来ていた彼を“最近優柔不断だな……”と感じるようになったら要注意です。

 

というわけで、アメリカの臨床心理学士達の見解をもとに、上記に項目を挙げていきましたが、最近の彼は大丈夫ですか?

もしかしたらと思ったら、優しく見守ってあげ、深刻な場合は、経験者や専門医に相談してみるのもよいでしょう。

 

【関連記事】

自殺しやすいのはどっち?男女でこんなに違う「うつ病の症状」6種

※ 超絶ブラック!? メンタルをやられやすい男性の職業10個

※ うつ病の人を支えるときに必ず知っておきたいこと9つ

※ 「実は病んでいる男性」が思わずハマってしまう趣味5つ

※ どれも辛そう…「ストレスの高い職種ランキング」トップ10

 

【姉妹サイト】

※ 意外なメリットも!? 無職になったら始めてみたい「場つなぎバイト」3選

※ 「辞めてやる」の前に試して!キライな上司とうまく付き合うコツ4つ

 

【参考】

Health – 12 Signs of Depression in Men

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'tsubaki'の過去記事一覧