キミ凄くいいね~!「課長があなたのファンになる」たらしテク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

キミ凄くいいね~!「課長があなたのファンになる」たらしテク3つ

出会いは職場から? おしゃれして会社に行くのも大切ですが、男性は縦社会ですから、上司の評価が高いとあなたの話題が仕事後の付き合いや飲みで出やすくなり、男性からモテやすくなります! ではどうすれば、上司(例えば課長)が、あなたのファンになってくれるのか?

コミュニケーションプランナーの筆者が、昨年転職サイトの立ち上げに参加した際に様々な職種の上司といわれる役職の方から、どんな部下が可愛く見えるか?という雑談を通して多くみられた3つの特徴を披露します!

 

■1:どんな仕事も嫌な顔一つしない!

当たり前のように感じる人にとっては嫌な顔をしないのは当たり前なのでしょうが、ついつい態度に出てしまっている女性も多いようです。

お茶くみや時間外のトイレ掃除を頼まれもしないのに続けた結果、可愛がられファンになるどころか、たったこれだけで海外の支店長を任されるようになった女性もいるそうです。

ここまでいくと稀な例でしょうが懸命に頑張る姿に上司が信頼を感じたのでしょう。

 

■2:意見を言って、上司の反論やアドバイスに「納得しました」の一言

可愛いだけで、上司があなたのファンになるかというと違うようです。

自分の意見をしっかり持っていることが前提で、あなたが意見を言った後の仕事に対しての上司からのアドバイス、反論にさえも、「納得しました」と言う! 納得していないことに、しかめっ面で「納得しました」と言っては得るものもなく、ここは笑顔がポイントでしょう。

あなたが上司に意見を言えることが条件ですが、相手も上司……すんなりと「そうだな」とは言えないものです。だからこそ、上司の対応に対して無理に押さないで引き下がる。そこで「素直な子だな」と思われるのでしょう。

 

■3:「昨日はお疲れ様です」

大事な商談や打ち合わせの後に、「お疲れ様です」と言っては、みんなと一緒です。ましてや本当に疲れていたら、「お疲れ様です」もあまり印象に残らない。

その場で言うことも大事ですが、翌日に「昨日はお疲れ様です」と言うことにより、疲れが溜まっていない状態で、更には昨日の頑張りを見ていてくれたのだと、ダイレクトに言葉が心に響くようです。

この「昨日はお疲れ様です」を言われたことがある上司は少ないようで、言われると本当に心に残るそうです。

 

いかがでしょうか? 上司があなたのファンになってくれると、良いことだらけです。職場で仕事がやりやすくなるだけでなく、上司があなたのファンということにより様々なメリットが生まれてくるはずです。

大事なことを、一つ最後にお伝えしておきます。できるだけ、人望の厚い上司をファンにしましょう! 返ってくるものの質が違ってきます。

 

【関連記事】

※ どれが正解?男から「今日あいてますか」と聞かれた時の答え方4つ

※ もう待ったなし!四の五の言わずに「今日恋愛を始める方法」3つ

※ 第2位は「キス」男性が考える 浮気のボーダーライン第1位は…?

※ え…そこかよ!オトコが「チロッと胸が見えたとき」思ってること5つ

※ あらっ…嫌われてる?「反応が冷たい男」に効果的な会話テク6つ

 

【姉妹サイト】

※ モテないわけがない!「女子アナ風」スタイルでオフィスの花になる方法

※ 労力ゼロで年間約3万1千円達成!簡単すぎるちょっとした節約術