年々少なくなる?「夫とアレする時間」平日は●分未満が5割以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

年々少なくなる?「夫とアレする時間」平日は●分未満が5割以上

コミュニケーションはなにかと重要。そんなことは、誰しもがわかってること。

ですが、わかってはいるものの、意外とちゃんとコミュニケーションの時間をとるって難しいんですよね。

それは、夫婦のあいだだって同じです。私たちは大丈夫っておもっているつもりでも、できていなかったりします。平日は疲れているし、忙しいからといっても、あまりドライすぎる関係では寂しいですよね。

ソフトブレーン・フィールドの調査によれば、平日の夫婦の会話時間がとても少ないということがあきらかになりました。

はたして、いったい何分くらいだとおもいますか。調査結果をもとに詳しく紹介します。

 

■夫婦の会話時間について

調査によれば、平日と休日の夫婦の会話時間について、平日では10分未満が26.7%、10分~30分未満が27.3%、30分~1時間未満が26.1%、1時間~3時間未満が16.4%、3時間~5時間未満が2.8%、5時間以上が0.8%でした。

一方、休日の会話時間は10分未満が12.7%、10分~30分未満が15.8%、30分~1時間未満が21.0%、1時間~3時間未満が30.8%、3時間~5時間未満が11.1%、5時間以上が8.6%でした。

平日では10分~30分未満と回答した方が最も多かったのに対し、休日では1時間~3時間未満の回答が最も多くなっており、休日は会話の時間が増える傾向がみられました。とはいえ、それでも3時間未満。意外と、夫婦のあいだでコミュニケーションがとれていないことがわかります。

ちなみに、結婚して3年未満の夫婦では平日でも1時間~3時間未満が41.3%、休日では5時間以上が34.8%となっていることから、結婚生活とともに夫婦のコミュニケーションがなくなっていくことがわかります。

 

■会話をするとき

夫婦で会話するシチュエーションについては、くつろいでいるときが最も多く63.3%、ついで、夕食時が60.7%、就寝前が35.6%、朝食時が25.9%、買い物中が25.3%、趣味や遊びの時間が24.8%でした。

会話するシチュエーションについて、結婚してからの期間別でみると、全体の傾向と大きく異なったのは、結婚3年未満で、くつろいでいるときが84.8%、夕食時が89.1%と8割を超える結果となったほか、買い物中が47.8%、趣味や遊びの時間が47.8%と全体の倍近い結果となりました。

やはり、ここでも結婚生活とともに、会話の機会が減っていくことがみえてきました。

 

いかがですか。意識的に彼と会話をするようにしないと、コミュニケーションがとれず、すれ違いなどが増えてしまうかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 男が思わずトキめく!「1通目のLINE」キラーフレーズ4つ

※ ヤダ大興奮?男が「めちゃくちゃにしてぇッ」となる女性の特徴4つ

※ へぇ…たまには夫とでもいいか!「妻とアレしたい夫は9割」と判明

※ げっ…コレ私だ!オトコが実は引いている「依存女子」特徴4つ

※ 第2位は「キス」男性が考える浮気のボーダーライン第1位は…?

 

【姉妹サイト】

※ 罪悪感は無用!「仕事中の間食」が働き女子にもたらす驚きのメリット2つ

※ シビアすぎる婚活事情!? 女性の94.3%が「上場企業男子」希望と判明

 

【参考】

※ 夫婦のコミュニケーションに関する調査 – ソフトブレーン・フィールド