キスレベルUP!カサカサ唇の彼に塗ってあげたい「リップの秘密」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

キスレベルUP!カサカサ唇の彼に塗ってあげたい「リップの秘密」

気になりませんか。キスする度に、彼の唇がカサカサしていて、ひび割れていたら。

冬の悩みといえば、お肌の乾燥ですよね。この季節、ハンドクリームやリップスティックが手放せないという女性は少なくないとおもいます。

ですが、お肌が乾燥するのは男性だって同じ。最近では、美容に関心のある男性も増えてきましたが、まだまだリップスティックすら塗るのが恥ずかしいという男性もいます。

もし、あなたの彼がそういう男性だったら、ぜひあなたのリップスティックを塗ってあげてください。だけど、「彼に女性と同じリップスティックでいいの?」って悩んでしまうひともいるとおもいます。

そこで今回は、化粧を研究している筆者が、彼のリップスティックを選ぶポイントを紹介したいとおもいます。

 

■化粧品、薬用・医薬部外品

あなたは、化粧品は医薬品とは違うということは知っていますか。

これは、薬事法という法律が関係してくるのですが、医薬品とはそれを使うことで効果・効能のあることが認められていて、医師の処方が必要なものを指します。それに対して、化粧品は効果・効能のあることが認められてはいないものの、身体を清潔にし、美化するものとされています。

リップスティックなどには、化粧品、薬用、医薬部外品と書かれたものがあります。この場合、薬用と医薬部外品というのは同じ意味。医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているものをさします。

化粧品のリップスティックは保湿、荒れの予防に。薬用・医薬部外品のリップスティックは、唇の状態があまり良くないときに。病院などで処方されるような医薬品のリップスティックは、荒れているときや、傷や炎症を治したいときに使用するのがオススメです。

リップスティックなんてどれも同じなんておもわず、目的に合わせたものを使用するのが大事なんです。

 

■リップスティックの塗り方

女性のみなさんは、よくご存知だとおもいますが、念のためにリップスティックの塗り方をおさらいしておきましょう。

ポイントは、できるだけ唇の縦じわに入り込むように塗りこむこと。唇の表面だけにつけただけでは、せっかくの効果も半減です。ただし、べっとりとつければいいのかというと、それも逆効果。適切な量を、ちゃんと塗るというのが大切なんです。

 

いかがですか。彼の唇をしっかりケアしてあげて、ラブラブなキスが冬もできるようにしてあげましょうね。

 

【関連記事】

※ もうバレバレ!「オトコが本命女子だけにするキス」2パターン

※ 私たち付き合ってるの?オトナの関係でも「告白が大切」だと判明

※ 完全保存版!シャイでも自然にできる「ボディタッチテク」12個

※ 悩まないで!「暗いし…特に優しくもない私」がモテる方法2つ

※ わかりやすっ!オトコが急にアプローチしてくる「ピュア戦術」2つ

 

【姉妹サイト】

※ スッキリしちゃえ!「同僚女性にあえて嫌われて楽になる」3つの方法

※ 10人以上に告られたモテ女子92%には「勝負着替え」があると判明