わざと●●してあげる…?オトコが考える「あげまんの定義」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

わざと●●してあげる…!? オトコが考える「あげまんの定義」3つ

あなたは“あげまん”ですか? 付き合った男性を、成功に導く女。それがあげまんとされています。巷では、そんな“あげまん”の定義として様々な情報が出回っている昨今。

中には、男性からすると「はぁ? それのどこがあげまんやねん!」とツッコミたくなるような内容のものも多数ある様子。

そこで今回は、筆者が潜入した出来る男20名が集う“経営社の会”であがった真のあげまんの定義を、3つご紹介します!

 

■1:進んでバカをやれる賢さを持っている女性

男性は、幼いころから勝負に勝つことを求められて生きています。スポーツも勉強も恋愛も仕事も、とにかく勝つことが必須! 逆に負けることは存在価値を否定されているようなものなので、相手が女性であれやっぱり勝ちたい。

だから、本当に賢い女性は、“わざと勝たせる”ことができます。

たとえ、男のほうが劣っていても、間違っていても、けんかをしているときでも、

“わざと負けてあげられる”

“進んで馬鹿をやってあげられる”

そんな賢い女性は、出来る良い男に好かれ、さらに男に磨きをかけます。

本当にアホな男はこの優しさや気遣いには気付かないですが、成功している起業家や商売人は、実は日頃から細やかな“気遣い”をしているため、この辺りの気遣いにはとても敏感。

そんな女性に対しては心から「もっと幸せになって欲しい」と願うため、一層仕事も頑張りグングン良い男に。

というわけで、好きな人に負けん気を発揮するのは止めましょうね!

 

■2:ガリガリ女子はNG! ぽっちゃり女子が最高

スリムであることが女子の間ではステータスの一種になっており、必死にダイエットをしながら「良い男を捕まえたい」とヒーヒー言っている女子に朗報です!

ダイエット、直ちにストップしましょう!

イメージ的には、“出来る経営者×スリムなモデル”なんて組み合わせが多いような気もしますが、今回の“経営者の会”では皆さん口を揃えて「ガリガリはNG」とのことでした。

なぜか? それは「女のほうがストイックだったら、負けた気がしてやる気にならん」とのことで、自分にストイックな起業家ならではの回答でした。

「女性はゆるやかでいい。どっしりしてればいい。どんなピンチなことがあっても、“あんたなら大丈夫”って堂々と言ってくれると安心する」

って、おかんか!

とツッコミ入れたくなりますけど、要は、母のような安心する存在がそばにいて、家庭を守ってくれることで、外でしっかり戦うことが出来る、ということのようです。

もちろん個人差はありますが、出来る男にガリガリが不人気であることは確かですよ!

 

■3:細かい買い物のときにさっと支払ってくれる

ごちそうや大きな買い物は基本男がしますが、コンビニや自動販売機でジュースを買うときなど、金額が細かいときは出してくれる女性。

「こういうのにキュンとくる」とこちらも満場一致でした。

逆にもらいっぱなしの女性はさげまんな可能性大だそうなので、小さなものは進んで出してみるとあなたのあげまん度がグッとあがるのでは?

 

いかがでしたか?

まずはこの3つをパーフェクトにして、2015年は、良い男をさらに良い男に育ててみては。

 

【関連記事】

※ 「彼女の誕生日と仕事」どっちを優先?調査でわかった男のホンネ

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ なんだと!彼女いても「逆ナンパ」についていく男は●割と判明

※ 狙いの彼から上司まで「オレのこと好き!?」と勘違いさせるネタ4つ

※ 初カノのくせに!「女をわかった風オトコのセリフ3つに語る」

 

【姉妹サイト】

※ これでスッキリ!仕事を 「ズル休み」しちゃったときの罪悪感の消し方4つ

※ 夫や彼が肉好きでは?アノ魚を食べるだけで糖尿病リスクが3割減に