モテ格差をこう見る!恋愛における「友達のアドバイス」注意点3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

モテ格差をこう見る!恋愛における「友達のアドバイス」注意点3つ

あなたは、恋愛に友達のアドバイスで左右されてしまいますか? 「友達が、その人はやめといたほうがいいと言うんですが……」。このような相談がコミュニケーションプランナーの筆者のところには舞い込みます。

確かに誰かに聞いてほしいときはあると思います。あなたが話せば友達がアドバイスをしてくるでしょう。しかし、筆者は「恋愛の選択というものに限っては“自分だけ”で選んでください」と必ず助言します。これから、そのほうが良い理由を3つお伝えします。

 

■1:後悔したときに納得できますか?

友達に相談するということは、その恋愛で“何かひっかかるところ”があるということだと思います。まず、その友達はあなたの状況を確実に知ってはいません。あくまであなたの話を聞いてのアドバイスであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

もし上手くいかなかったときに悔いがない選択をしたと納得できるのは、自分で決めたほうではないでしょうか。

 

■2:友達自身の幸福度で、アドバイスは変わる!

友達にも感情があり、感情に支配されて動いています。ポジティブなときであれば、プラスなアドバイスをしてくれます。ネガティブなときであれば、マイナスなアドバイスをしてきます。

人は自分の幸福度で、相手に対しての態度を変えてしまう生き物なのです。同じ相談を1ヶ月後に同じ友達にしたら、「友達のアドバイスが少し変わっていたんです」なんてことも。

 

■3:友達とは必ずモテ格差があります。

アドバイスを求めた友達とあなたには必ずモテ格差というものがあります。付き合った人数や相手とのお付き合いの濃さも友達とあなたはまったく違います。

つまり、友達とあなたが恋愛で同じ状況になったとしても、起こした行動によっての結果はまったく異なるものになるのです。

 

いかがでしょうか? 女性の場合の恋愛相談とは多くが「うん、そうだね」とただ聞いてほしい“共感して欲しい”だけのときがほとんどでしょう。あなたもそうではないでしょうか? 

友達の無責任なアドバイスで考え込むより、あなたが一生懸命考えて決めた人と真剣にお付き合いするほうが、とても素敵だと思いますよ。

 

【関連記事】

※ なんと!「既婚女性の3人に1人が片想いだった人と結婚」と判明

※ 西島秀俊も落ちた!? オトコを結婚に踏み切らせる「プロ彼女」の特徴4つ

※ あ…愛だけではダメなの!? 「男性が結婚に踏み切る5つの理由」

※ 本当に彼と結婚?「ダメ夫になる男を見破る」チェックポイント6つ

※ なんだと!彼女いても「逆ナンパ」についていく男は●割と判明

 

【姉妹サイト】

※ これで撃退!同僚男性からの「ムカつくセクハラ発言」への上手な返し方

※ ギャン泣きする赤ん坊にイライラせず気持ちが楽になる方法があった