> > これで彼とヨリが戻る?心理学的に解明された復縁テク

おすすめ記事一覧

これで彼とヨリが戻る?心理学的に解明された復縁テク

2011/08/18 13:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

ラブラブだったはずの彼氏から、突然別れを切り出されたらどうしますか?

「今の彼とは絶対に別れたくない! 万一の場合には、なんとかして復縁したい!」というあなたのための秘策を、心理学者・伊東明氏の著作からご紹介します。(※1)

 

■復縁のカギは“別れ際”にあり!

伊東氏によると、復縁できるかどうかは、とにかく“別れ際”にかかっているとのこと。

通常、大好きな彼から別れを切り出されたら、なんとか引きとめようとしますよね。でも、復縁を考えるなら、引きとめ工作は逆効果。

あなたが振る側の立場としても、男性から「もう一度やりなおそう」なんてしつこく迫られると、ますます嫌気がさしませんか?

このように、説得されればされるほど反発を感じ、最初の態度を強めてしまう傾向のことを“ブーメラン効果”といいます。(※2)つまり、別れ際には、どんなに辛くても、まずはあっさり引き下がるのが賢明なのです。

彼から別れを切り出されたら、泣いてすがりたいのをぐっとこらえて、「わかった。今までありがとう」と、笑顔で“さよなら”するのがベスト。

「できれば友達でいたい」と悪あがきするなど、未練を少しでも見せるようなことがあってはなりません。ましてや、別れ話がこじれて修羅場になれば、復縁は絶望的……。

一方、あなたが彼の意向を素直に受け入れると、彼は拍子抜けするばかりか「あれれ? もしかして俺、決断を早まった?」なんて、後悔することすらあります。それくらい“鮮やかな引き際”って大事なのです。

 

■短文メールで根気よく距離を縮める

失恋した直後は辛くてたまらないはず。しかし、『失恋直後の女子必見!元彼を忘れる特効薬10パターン【前編】』『同【後編】』などを参考に、なんとか乗り切りましょう。

そして、1ヶ月後なり3ヶ月後なり、ほとぼりが冷めた頃に、さりげなく短い文面のメールを送ります。このときも、「今でもあなたのことが忘れられない……」なんて未練たらたらの様子を決して見せてはなりません。

あくまで、友人・知人に接するつもりで「元気?」といった、人畜無害のメールを送るのがポイントです。

こうして何気ないメールのやりとりができるようになったら、「ちょっと買い物に付き合ってくれる?」「久しぶりにお茶でも飲もうよ」というように、ふたりで会えるように持っていきます。

もし、ふたりきりで会うのが無理そうなら、はじめは共通の友人を巻き込んでもいいでしょう。とにかく焦りは禁物。何気ないフリを装って、少しずつ距離を縮めるのです。恋心を隠すのはせつないものですが、彼がもう一度心を開いてくれるまでがんばりましょう!

 

別れの原因は様々なので、ここで紹介した方法を実践しても、必ずしも復縁が成功するとは限りません。ただ、感情の赴くままに彼の心を取り戻そうとするよりは、成功率が高いのは確かです。

もちろん、ずっとラブラブでいられるのが一番なのですが、万一の場合に備えて、覚えておいて損はないですよ!

 

【関連記事】

※1.伊東明(2003)『恋の心理法則50』 王様文庫

※2.ブーメラン効果 – goo ヘルスケア

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧