> > なんと男性でも「妊娠体験」できる驚きのシステムが登場

おすすめ記事一覧

なんと男性でも「妊娠体験」できる驚きのシステムが登場

2011/08/19 20:00  by   | ニュース

女性にとって、“妊娠”とは新しい命を授かる人生の一大イベントですが、心身にはかなりの負担がかかりますよね。

辛いときには、夫が家事を率先して行ったり、いたわりの言葉をかけたりするとよいのですが、十分な気配りのできる夫って少ないのではないでしょうか?

男性には妊娠の大変さが理解できないからしかたがない? いいえ。男性でも妊娠を擬似体験できる“MommyTummy”という画期的なシステムがあるのです。


■“MommyTummy”って何?

MommyTummyとは、金沢工業高等専門学校の小坂研究室が2009年に開発した妊婦体験システムです。なお、小坂研究室は現在は神奈川工科大学情報学部情報メディア学科で活動しています。

MommyTummyを一言で説明すると、特殊なジャケットを着用することで、妊娠を擬似体験できるというものです。

まず、お腹の部分に水袋がついていて、そこにポンプから水が注入されることで、徐々に重くなる胎児の体重を感じることができます。ちなみに水温は、羊水の温度である37~38度に保たれているので、胎児の体温も感じることができるのです。

実際に体験してみると、お腹が予想以上に重くなって、体の自由がきかなくなるので、「妊婦って大変!」とびっくりするかたが多いようです。

また、MommyTummyがすごいのは、腹部が大きく・重くなるにつれて、心音が聞こえてきたり、お腹を蹴飛ばす胎動があったりするなど、本当に赤ちゃんの成長を生々しく感じることができる点です。

さらに、お腹をなでることで赤ちゃんとコミュニケーションを図ることもできます。丁寧に優しくなでると赤ちゃんの機嫌がよくなり、逆に乱暴に触ると機嫌が悪くなるのだとか。

この「機嫌」により胎動の頻度、心音の強さ、成長速度が変化するようになってるそうなので、胎児を自分のお腹で育てるどきどきわくわく感が味わえます。

神秘的な妊娠体験を可能にしたMommyTummyは、国内で数々の賞を受賞しているほか、海外からも注目を集めています。


■MommyTummyを体験するには?

将来に向けて心構えをしておきたい女性。そして、妻の大変さを理解したい男性なら、ぜひMommyTummyを体験したいですよね!

小坂研究室に問い合わせたところ、現在は学会やイベントなどで不定期に展示を行っているとのこと。イベントなどの開催状況は、できるだけ同研究室のサイトでも告知するそうなので、興味のあるかたは要チェックです。

なお、現在決まっている予定は、以下のとおりとのことです。

○TOKYO GAME SHOW 2011
2011年09月15日~18日
千葉県 幕張メッセ(要:入場料1,200円)

○第16回日本バーチャルリアリティ学会大会
2011年09月20日~22日
北海道 公立はこだて未来大学(要:学会参加費)

○日本海・子育て支援メッセ
2011年11月06日(土)
石川県産業展示館3号館(無料)

さらに、「一般のかたが研究室を訪問して体験することは可能?」と質問したところ、以下のようにご回答いただけました。

一般の方に対しては、要望がなかったので実施はしていませんでした。
今回、ご連絡していただきましたので、
体験希望の方は事前に連絡していただければ
調整の上、可能にしたいと思います。

なんと! 事前連絡すれば、小坂研究室でMommyTummyを体験できるかもしれません。もちろん、必ずしも日程が合うとは限りませんが、ぜひとも妊娠体験したいというかたは、一度、神奈川工科大学の小坂研究室に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

妊婦体験システム MommyTummy – Kosaka Laboratory

Kosaka Laboratory about

Kosaka Laboratory Contact Page

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧