> > え…こんなに違うの!? 「メイクの色がオトコに与える印象」5つ

おすすめ記事一覧

え…こんなに違うの!? 「メイクの色がオトコに与える印象」5つ

2015/01/30 06:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

え…こんなに違うの!? 「メイクの色がオトコに与える印象」5つ

メイクと色は切っても切れない関係。どんなにテクニックが未熟でも、使う色の効果を知って、それを使い分けることで、今よりももっとメイクを楽しめるようになるはず。

マンネリメイクを脱出するためにも、どんどん新しいカラーに挑戦していきたいものです。でも、自分のイメージしている自分に似合う色を変えるのにはちょっと勇気がいりますよね。

こういう時はプロに聞くのがいちばんです。今回は、メイクサロン『AiLOGIC』代表の寺長根さんに、色が持つそれぞれのイメージ、効果を解説してもらいました。メイクに使う参考にして下さいね。

 

グリーン系

「グリーンは知性を表現する色です。色っぽくなりすぎず、しっかり者のイメージを表現したい時にオススメです。 黄味寄りのグリーン、青味寄りのグリーン、どちらが自分に合うのかを実際に試して見つけてみましょう」

グリーン系はなかなか使いにくいかもしれませんね。でも、知的な雰囲気を纏うにはピッタリみたいですね。

 

ブルー系

「ブルーは華やかさを表現する色です。非日常的なシーンで、やや暗い照明の会場へ出向くとき等にオススメ。

目元がくすんでしまわないように、ベースメイクも丁寧に行いましょう。色白な方なら水色、地黒、日焼け肌さんにはネイビーをオススメします」

青にも色々とあるので、自分に合う色を選んでみましょう。

 

ピンク系

「女性らしさ、かわいらしさ、若々しさを表現する色です。最も男性ウケしやすい色でもあります。

ただし、まぶたが腫れぼったくみえてしまうこともあるので、そういった場合は、プラスアルファでダークブラウンやダークグレーなどの濃い締め色も目の際に使うようにしましょう」

色によって、目の印象すべてが変わってしまうこともあるんですね。顔がむくんでいる日などは、ちょっと気をつけて使ったほうがいいかもしれません。

 

パープル系

「こちらも女性らしいイメージを表現してくれますが、ピンクよりも大人っぽく、色っぽいイメージを伴います。ややセクシーな雰囲気を出したいとき、妖艶なイメージに……という時にオススメなカラーです。

ただ、あまり濃すぎるパープルは、どこか古い感じに仕上がってしまうこともあるので要注意」

落ち着いた感じには見えるかもしれませんが、若々しく見せたいなら使わないほうがよさそうです。

 

ブラウン系

「最も肌馴染みが良く、ナチュラルに仕上がるカラー。しかし、まぶたの影に見えてしまうこともあるので、老けて見えてしまったり、疲れていないのに疲れて見えてしまったりということもあります。普段から老け顔に見られがちな方は注意が必要な色です」

いちばんの安心札ですが、疲れたイメージには要注意ですね。落ち着いたところや仕事には合いそうですね。

 

いかがでしょうか? 色を変えるだけでかなりイメージが変わりそうですね。自分には合わないと思わずに、自分が見せたい自分のイメージに合う色を使ってみてください。

それだけで、男性からの視線が変わるかもしれませんよ!

 

【関連記事】

ヤダ大興奮?お家デートで出せちゃう「媚薬ジュース」の作り方

昨年と変わった!彼とほっこり「男が好きな冬の鍋」最新トップ5

人は「不安になると温かい食事を求める」ことが明らかに

カリッとろ~で彼のハートもとろけちゃう!「ツナキャセロール」

イモリを焼く!? 「年上彼氏のカラダを10歳若返らせる珍味」3つ

 

【姉妹サイト】

※ これでスッキリ!仕事を 「ズル休み」しちゃったときの罪悪感の消し方4つ

※ 夫や彼が肉好きでは?アノ魚を食べるだけで糖尿病リスクが3割減に

 

【取材協力】

※ 寺長根あい・・・AiLOGIC代表。メイクサロン及びスクールの運営をしながら、テレビや雑誌等、タレントのメイクも手掛ける。メイクセミナーやイベンド企画など、多方面において、勢力的に活動中。『AiLOGIC』、『AiLOGIC BLOG by Ai Teranagane』、『メルマガ「メイクアップ人生」』、Facebook『メイクアップ人生

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'大山奏'の過去記事一覧