狙ったオトコは射止める!「100%命中ハンター女子」実践法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

狙ったオトコは射止める!「100%命中ハンター女子」実践法3つ

「気になるアノ人を、何としても落としたい!」と、まさに今、メラメラと燃えている女性もいるかもしれません。

狙った獲物を逃さない“ハンター女子”は確かに存在しますが、彼女たちはどんなテクを駆使しているのでしょうか。

心理学の世界には“類似性の法則”があり、人は自分に似た相手に魅力を感じる傾向があるんだそう。ということは、ハンター女子になって狙った獲物を100%射止めるには、心理学を応用するのも1つの作戦かもしれませんよ。

この記事では、恋愛に応用できる“類似性の法則”の実践法を3つお伝えしていきましょう!

 

■1:動きをマネする

“類似性の法則”によると、何かしら互いに類似点を見つけ出すことで相手に親近感を与えることが、恋愛テクとして効果的と考えられます。

そこで、カレが足を組んだら自分も組む、飲み物を飲んだら自分も飲む、スマホを触ったら自分も、という具合に、一つひとつの動作を真似ることが、心理学的に相手に好かれることに繋がるんだとか。

わざとらしくせず、自然な形で取り入れていきたいですね!

 

■2:声のトーンを揃える

意識して相手に似せる方法は、心理学で“ミラーリング”と呼ばれ、人間は自分と同じ態度をとる相手に対して好感を持つ傾向があるんだそう。

カレが低い声であればあなたも落ち着いた声に、ボーイソプラノの持ち主だったらあなたも高めに話すなど、トーンをマネすることで、カレに心理的な安心感を与えましょう。

ただし、極端なモノマネになってしまうと「なんだコイツ!?」と、かえって相手を不快にさせそうなので、加減に注意しましょうね。

 

■3:会話のスピードを合わせる

カレがゆっくり話しているのに、あなたの相づちが早口だったら……居心地の悪い会話になってしまうのは想像できるはず。

“類似性の法則”の観点からは、相手のペースに合わせて会話のスピードを揃えることも、恋愛テクの1つとして使えるんです。

カレが無意識にでも無理して合わせる心理的負担を軽減できるので、会話中のイライラを減らし、無用なケンカをしなくて済むというメリットもありそうですね。

 

いかがでしょうか?

うまくいっているカップルを観察すると、良くも悪くも似た者同士なことって、多いですよね。アメリカの心理学者バーシャイドらが提唱したマッチング仮説によると、人は自分に似た人をパートナーに選ぶ傾向があるとのこと。

“高嶺の花”を演じたり、“スキあり女子”のフリをしなくても、自分と似た人を選ぶ男性心理を上手に活用することで、恋愛上手の道が開けそうですよね。

気になるアノ人を落としたい!と狙っていた女子は、よろしければ実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 演技でもOK!「オトコが絶対に手放さない女」になる秘訣3つ

※ ヘラクレス女子の成功に学ぶ!「片想いを突破する」4つの強攻策

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ なぜ彼女たちは選ばれるのか?CAに学ぶ「デキる女のモテ演出」3つ

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

 

【姉妹サイト】

※ 旅行先でパニクる前に!覚えておきたい「海外ATMの基本操作」5ステップ

※ 「美人」を見るほうが脳にも優しい!女性がもっと美しくなるべき理由