バレンタインに使える!「告白の成功率がグンとあがる」心理テク3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

バレンタインに使える!「告白の成功率がグンとあがる」心理テク3つ

あっというまに2月です。そう、バレンタインの季節ですよね。意中の男性だけではなく、男友達や会社関係者への義理チョコや女友達への友チョコなど、この時期はいろいろとあなたの頭を悩ませているのではないでしょうか。

とはいえ、やはり一番の気がかりは意中の男性へのバレンタインをどうするかという問題。ネイチャーズウェイの調査によれば、バレンタインに愛の告白をして成功したひとは42%だということがあきらかになっています。

これを、多いとみるか、少ないとみるか。はたして、告白を成功させるためには、どうしたらいいのでしょうか。今回は、その秘訣を紹介したいとおもいます。

 

■バレンタインでの告白

今回の調査によれば、バレンタインに愛の告白をしたことがあるという質問に対し、いいえと答えたひとが67%、はいと答えたひとが33%でした。つまり、バレンタインに告白をするというひとは、じつは3割と多くない結果だったんです。

そして、成功したかどうかについては、失敗したひとが45%、成功したひとが42%、分からないというひとが13%という結果に。成功率だけでみると42%ですが、失敗も45%とさほどかわらないわけですから、実際のところは五分五分なんです。

成功しなかった理由は、「勉学に励みたいと言われて撃沈」「他に好きな人がいると言われてしまいました」など、高校生や大学生からすれば2月の受験・就活シーズンまっただ中で恋愛どころじゃないという事情が影響しているようです。

 

■告白を成功さるためには

バレンタインに告白するひとがほとんどいないなか、その勝率は事実上の5割。これって、告白しないわけにはいきません。ですが、より成功率を上げるにはどうしたらいいでしょうか。

じつはあります。ポイントは3つです。

(1)告白の前に会う機会を増やす

(2)告白の時間は18時~23時

(3)交際の申し込みをはっきり伝える

告白の前に会う機会を増やすというのは、心理学における単純接触理論。ひとは、写真ですら目にする機会が増えることによって、そのひとに好意をもちます。当然、告白する前に会う機会が多ければ、あらかじめ彼からの好意も高めさせることができるんです。

告白の時間は18時~23時というのは、心理学の調査でこの時間帯がもっとも告白の成功率が高いということがあきらかになっています。学校や会社が終わってから、チョコを渡して告白するのがいいのでは。

ネイチャーズウェイの調査でも、告白の結果が分からないというひとが13%もいました。これは、男性が告白だと思っていなく、その態度を明らかにしていない証拠です。チョコを渡して「好きです」というだけではなく、「付き合ってください」ということも、ちゃんと伝えましょう。

 

いかがですか。バレンタインというイベントを上手く利用して、意中の人にアタックしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 2位は性格!1位は…「本命彼女にするかどうか」決め手トップ5

※ こんな立派に!「ぶりんぶりんおっぱい」を1日5分で作る方法

※ ベタボレ!「オマエを誰にも渡したくない」と言われる女の特徴3つ

※ 「感じちゃったことあります」は52%!奇跡のような相手はいる

※ アアッ…イイっ!98%の男性が「女性に握られたい部分」とは

 

【姉妹サイト】

※ 動揺なんてしないから! 「同僚女性の結婚」をチャンスに変えるコツ4つ

※ 実はバレバレ?初対面女性を見て「結構お年かも…」と男が勘ぐる瞬間

 

【参考】

※ バレンタインとメイクについてアンケート – ネイチャーズウェイ