積極的に!「いいなぁ」と思った人を運命のパートナーにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

積極的に!「いいなぁ」と思った人を運命のパートナーにする方法

あなたには“理想のパートナー”がいますか?

また、彼がいるあなたは、その彼が真の“理想のパートナー”だと思いますか?

今回、『理想のパートナーを見つけるためにしておきたい17のこと』の著者であり、ベストセラー作家の本田健さんに“理想のパートナーに出会うためのヒント”を聞いてきました!

 

■1:“自分に合うパートナー”をハッキリさせる

「過去の恋愛経験から、“自分はこんな人がタイプ”だとなんとなく思っている人もいるかもしれませんが、実は、幸せな結婚生活を送っている夫婦に話しを聞くと“最初は全然タイプじゃなかった”という相手と結婚した人が案外多いのです。

つまり、自分が“好き”だと思っている相手と“自分に合うパートナー”が同じとは限らないのです。

“優しい人が良いと思って付き合ってはみたものの、優柔不断に感じて物足りない”、“正直さに惚れて付き合ってみたら、酷いことをズケズケ言われて嫌だった”。

それを、付き合っている段階で明らかにできたあなたはラッキーです。

結婚後に気付いても遅いですから、ただ“優しい”人が好きというのではなく、優しいけれどいざという時には“頼りがいがある”など、とにかく理想的な“自分に合うパートナー”を早めにハッキリさせることが大切です。

その時に注意したいのは、長くずっと一緒にいる相手ですから“いま”の基準だけではなく、色々な視点で相手を選ぶということです。

そのためにまずは、自分に合うパートナーをしっかり明確化することが大切です」

 

■2:出会える場所のリサーチをする

「“自分に合うパートナー”がハッキリしたら、その人がいそうな場所をリサーチします。

“真面目で女にだらしなくない人が好き”なのに、クラブやバーに行っても遊び人がほとんどですから、理想の男性には出会えません。

そういう方は、環境フォーラムやボランティアに参加してみたり“英語が話せる国際的な人が好き”なら海外で行なわれるパーティーに参加してみたり、きちんと理想のパートナーがいる場所に行くことが大切です。

あとは、自分がキラキラできる場所も良いです。例えば、社交ダンスが得意ならば、その大会時には必ずあなたは輝いていますから、同じような波長のキラキラとしている男性に出会える可能性も高いのです。

鉄板ですが、今の自分をすんなりと受け入れてもらいやすい、日常生活の中にある職場での出会いや友達の紹介もアリです」

 

■3:とにかく積極的に

「“いいなぁ”と思う人がいたらとにかく積極的に行動することが大切です。

“自分から告白できない”なんていう方もいますが、“やらなかった後悔”は一生残ります。

年配の方々のお話を聞くとやったことで後悔している人はいません。“やらなかった後悔”だけが悔やまれるのです。

もしフラれたとしても、それはただその人が“運命のパートナー”じゃなかった証拠で、単に“人違い”だっただけです。

一時的に心が痛いかもしれませんが、また他のパートナーを探すまでです」

 

自分に合うパートナーと共に“愛のある人生”を送るか、一人“愛のない人生”を送るか、あなたはどちらを選びますか?

何もしないで“運命のパートナー”に出会えることはありません。どんなことでもいいので、何か行動を起こしてみてください。

その先に、きっとステキな出会いが待っているでしょう。

 

【関連記事】

※ 既読ムシよりツラい!LINEで「未読スルーさせない」裏ワザ4つ

※ 夜も眠れない!? 今晩カレに「アナタのことを妄想させる」方法4つ

※ 女と全然違う!オトコが「別れた後に実は内緒でしてるコト」3つ

※ 性欲の豆知識で逆算!オトコが「だんだん好きになっていく」テク

※ 知ってた?合コンより高確率「運命の人と出会える場所」トップ3

 

【姉妹サイト】

※ 仕事で使いたい! コンビニで買える「本当に使えるボールペン」ベスト3

※ 不思議キャラ全開の能年玲奈、挙動不審でもネットでは天使との声

 

【取材協力】

※ 本田 健(ほんだ・けん)・・・神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1,000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。そのユーモアあふれるセミナーには、世界中から受講生が駆けつけている。大人気のインターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は1,500万ダウンロードを記録。世界的なベストセラー作家とジョイントセミナーを企画、八ヶ岳で研修センターを運営するなど、自分がワクワクすることを常に追いかけている。2014年からは、世界を舞台に講演、英語での本の執筆をスタートさせている。代表作に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(大和書房刊)など。著書シリーズは全てベストセラーとなっており、累計発行部数は600万部を突破している。