今日から実践!「●●が大きいねっ」等オトコが心底喜ぶ4フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今日から実践!「●●が大きいねっ」等オトコが心底喜ぶ4フレーズ

「好きな男性に、どんな言葉を掛けたら一番喜ぶのかな?」

なんて、真剣に考えた若かりしあの頃……。

色々と経験を積んで、それなりに男性を手の平で転がせるようになった女性もいると思いますが、

今回は改めて、『理想のパートナーを見つけるためにしておきたい17のこと』の著者であり、ベストセラー作家の本田健さんに“男性へのアプローチで効果的なフレーズ”を聞いてきました!

 

■1:男に掛けたい4フレーズ

「男性は、尊敬され、褒められるのにめっぽう弱いものです。

ですから、わかりやすく以下の4つのフレーズをたくさん言ってあげてください。

“カッコいい”、“素敵”、“器が大きい”、“男らしい”。

僕が、男性陣にリサーチをしたところあげられたのがこの4フレーズ。

女性陣は、褒められ過ぎると、なんだか“ウソっぽい”なんて感じる方もいるようですが、男性陣の場合は“褒められ過ぎてウソっぽい”なんて感じたことがある人はいませんでした。

さらに、ボディタッチにはやっぱり弱いですからこのフレーズにまずは軽く“肩タッチ”をプラスしてみてみてください。

男性は単純生物ですから、このフレーズ+タッチを上手く使い回せば内心大喜びしているはずですよ」

 

■2:上手に甘える

「あなたは彼に甘えていますか?

男性は甘えられることにも、とても弱いです。頼られていることで、暗に“男らしい”と言ってもらってるように感じますし、もしキャリアウーマンのようないつもバリバリ仕事をしている女性が自分にだけ“甘えた表情”を見せてくれれば、グラッとくるものです。

上手に甘えられない女性に、ふたつの甘え方をご紹介しましょう。

ひとつめは、どんな小さなことでもいいので、男性に“お願いしてみる”ことです。相手の得意分野がわかれば、そのことについて“教えて”、“直して欲しいの”とお願いすると喜んでやってくれるでしょう。

もうひとつは、“一緒に選んで”です。“買って”だと嫌がる男性もいますから、“一緒に上司へのプレゼントを選んで”とか、距離感が近い関係であれば“私の洋服を一緒に選んで欲しいの”とお願いするのもいいかもしれません。

ぜひ、日常会話の中で、上手く取り入れてみてください」

 

■3:依存しすぎない

「“甘える”の後に“依存しすぎない”ですから、少し混乱してしまう方もいるかもしれないですが、要は時々は甘えるけど、根本はしっかりと“自立”できているということです。

“あなただけしかいない”とか、いきなり結婚を臭わせるような女性は男性に煙たがれる傾向にあります。

自分の人生を生きることを大切にしつつも、男性を支えられる女性であること、意見を求められた時にはしっかりと自分の意見を主張できることが大切です。

いつも相手に合わせてばかり、という女性は要注意ですよ」

 

いかがでしたか?

どれも今日からできることばかりでしたね。

次回好きな彼に会った時には、ぜひ“4フレーズ+タッチ”などを駆使し、アプローチしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ いや~んエッチ!男が「パンチラ好き」な理由がついに判明

※ 「生じゃなくても気にしない」は52%!男性の意外な優しさが判明

※ ヤダ大興奮?お家デートで出せちゃう「媚薬ジュース」の作り方

※ 生まれた時期が悪い!? 「非モテ女の星座」第1位は●●座と判明

※ どれが正解?男から「今日あいてますか」と聞かれた時の答え方4つ

 

【姉妹サイト】

※ 彼女にしたい血液型1位は「A型」!ダントツ不人気なのは●型

※ 覚えておいて損はない!イザというときの「女子の会社早退術」4つ

 

【取材協力】

※ 本田 健(ほんだ・けん)・・・神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1,000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。そのユーモアあふれるセミナーには、世界中から受講生が駆けつけている。大人気のインターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は1,500万ダウンロードを記録。世界的なベストセラー作家とジョイントセミナーを企画、八ヶ岳で研修センターを運営するなど、自分がワクワクすることを常に追いかけている。2014年からは、世界を舞台に講演、英語での本の執筆をスタートさせている。代表作に『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(大和書房刊)など。著書シリーズは全てベストセラーとなっており、累計発行部数は600万部を突破している。