> > 「詐欺写メ」と言われない!パシャっと可愛く自撮りするコツ5つ

おすすめ記事一覧

「詐欺写メ」と言われない!パシャっと可愛く自撮りするコツ5つ

2015/02/10 06:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

「詐欺写メ」と言われない!パシャっと可愛く自撮りするコツ5つ

SNSで画像などの共有が簡単になり、自分の画像を投稿する人も増えましたよね。でも、その自撮り写真によってはプロフ詐欺と言われたり、男性ウケが悪かったりするモノもあります。

プロフィール写真を撮るときには、少しぐらい盛ったって、自分を可愛く見せたいと思うのは当然です。しかし、男性から見るとぶりっ子に見えてしまって印象を悪くすることもあると知っていなければいけません。

そこで今回は過去の『Menjoy!』記事を参考に、自撮りで失敗せず、可愛く撮れる方法を紹介します。

 

背景は白

「100%自撮り」でアイドル並みに!可愛く撮れるウラ技3つ

自撮りするときのポイントとして、背景があります。自分がどんなに可愛く撮れていても、後ろの色が派手で背景と自分が混ざってしまったら残念な写真になってしまいます。

また、服やメイクの色との相性を考えなくてもいいので、自撮りのときには後ろがなるべく白の場所にしてみましょう。

 

胸を撮るときは下から

こりゃもう男子ホイホイ!最強グラドルに学ぶ自撮りテク2つ

写真を撮るときには上からで、上目遣いで。というのが、鉄板のような気がしますが、胸を大きく見せたいときには、下から撮るのがいいそうです。

そうすることで、小顔効果や二重幅を広く見せる効果などもあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

キャンドルを見つめて

いつの間にか「いいね!」急増?プロ伝授のとっておきスマホ自撮りテク

この記事ではプロも使うという、目を輝かせる写真の撮り方が紹介されていました。その方法は、キャンドルやバスルームの電球など丸くて明るいものを見つめることだそう。

そうすることで目の中に光が映りこみ、少女マンガのようなキラキラと輝く表情を撮ることができるそうなんです。目は顔の中でも注目が集まりやすい場所なので、プロフィールなどの写真ではぜひ気をつけたいポイントですね。

 

ほっぺに手を当てる

SNS界はこれで制覇!女子が嫉妬しちゃう「最強自撮りテク」はコレだ

自撮りのときはポーズも非常に重要です。限られた空間の中なので、できるポーズは少ないですが、その中でも自分がいちばん可愛く見えるポーズを知りたいですよね。

そこでのおススメが、“ほっぺに手をあてる”、“半目隠し”、“鼻や口隠し”などなど。顔の一部を隠すことでミステリアス感や、自分のコンプレックスを隠すことができるようです。

 

自撮りはほどほどに

ほどほどに!男がドン引きする女の趣味「1位は自分でするアレ」

こうやってどうやったら可愛く写るのかなどを研究していくことで、自分の美意識が高くなって綺麗になれる可能性もあります。ただし、やりすぎには注意が必要です。

この記事の中でも出てくるように、男性は女性が自撮り写真をSNSにたくさんアップするのを見て、引いてしまうこともあるようなのです。SNS投稿のときには写真がないと寂しいというのはあると思いますが、食べ物や風景なども織り交ぜながら、やりすぎだと思われないように気をつけましょう。

 

自撮りテクニックにも色々あるんですね! テクニックを多く知っておくことは、無駄にはならないのでぜひ時間があるときに研究をしてみてください。ただし、失敗すると男性から痛い女だと思われる可能性もあるので、注意しながら楽しみましょう!

 

【関連記事】

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

※ ルックス関係なし!オトコが「もっと話したい」と思う女の特徴5つ

※ 男にも女にも嫌われる!「マウンティング女子」が言いがちなセリフ3つ

※ 心外ですっ!「合コンなんて行きません男子」が思ってること3つ

 

【姉妹サイト】

※ 意外なメリットも!? 無職になったら始めてみたい「場つなぎバイト」3選

※ 「辞めてやる」の前に試して!キライな上司とうまく付き合うコツ4つ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'大山奏'の過去記事一覧