段階を踏むのがコツ!「うまいことメールで彼をデートに誘う方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

何となくイイ感じなのに思ったペースで恋が進行しないときって、イライラしちゃいますよね!? 

何とか彼とのデートにこぎつけて恋愛を発展させたいと思っても、慌てて彼をデートに誘ってはいけません! いくら草食系男子が増えたとはいえ、彼らは男です。あまりにも押しが強すぎると逃げてしまいます。

そこで海外女性向け情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参考に、“うまいことメールで彼をデートに誘う方法”をお届けします。段階をうまく踏んでいけば、彼とのデートが実現する可能性が高くなるかもしれませんよ!

 

■1:少しずつメールを盛り上げる

“今週末に彼とデートしたい!”と思っても、早くても来週末、もしくは再来週末にデートできるように目標を少し先に定めましょう。あまりにガっついた印象を相手に与えると、すぐにお持ち帰りできると勘違いされる可能性もあります。

ここは辛抱強く彼の返信ペースに合わせて、内容も彼のトーンに合わせること! 少しずつメールを盛り上げるようにしていってください。

 

■2:カジュアルに攻めつつアピール

メールが盛り上がってきたら、彼の話によく注意して、会える方向へ持っていきましょう。

例えば彼が見たい映画があると言えば、「私も見たいと思ってたんだけど、一緒に行く?」とか、彼が犬を飼っていると言えば、「動物大好きだから一緒にワンコと遊びたいな」というように、カジュアルに攻めつつアピールします。

そこで、彼がどう反応するかが大切です。乗り気なら向こうから誘ってくるし、興味がないなら軽く流されてしまうでしょう。彼のリアクションをバロメーターにしながら、距離を縮めていくのがコツです。

 

■3:手に入りそうで入らない距離を保つ

うまいこと彼と会う約束ができそうになっても、彼が提示する日に飛びついてはいけません。すでに予定が入っている日なら無理だと伝えて、あなたが都合の良い日を伝えましょう。

確実に空いている日でも、「急に仕事が入るかもしれないけど、今のところは大丈夫」などと、“忙しいから簡単にはつかまらない感”を出すことが肝心です。手に入りそうで入らない距離を保つことで、彼の興味を常に引き付けておくことができるからです。

 

本来ならデートは、やはり男性から誘われるべきです。ですが、自信がない男性が多いことも確かなので、女性側がうまく誘導していくことも大切です。

誘導されていると男性に気づかせずにデートが実現できれば、彼も自分から誘ったと勘違いしてくれる可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【関連記事】

※ コレが究極っ!オトコが「本命女子だけにする」マジキス2選

※ セクシー!? 「巻き舌男子に言わせたい」キュン萌えフレーズ5つ

※ もうバレバレ!男が「こいつ処女だな」だと見抜く女性の特徴5つ

※ 必ずぶつかる! 女子をイライラさせる「もたつき男子」の特徴3つ

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

 

【姉妹サイト】

※ これならイケる!会議中に「しれっとLINEチェックする」コツ4つ

※ 当てはまったらハイ次っ!あなたと「絶対結婚しない」男の特徴5つ

 

【参考】

7 Tips on Texting Him for a Date – all women stalk