うっそぉ…離婚率が「現代の2倍だった時代」があったってマジ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

うっそぉ…離婚率が「現代の2倍だった時代」があったってマジ?

テレビをつければ芸能人の離婚報道が取り沙汰され、芸能界に限らず、3組に1組の夫婦が離婚している昨今。

「離婚が多い!」なんて言われていますが、実は、離婚率が現代の2倍だった時代があるんです!

そんな時代の“離婚”をモチーフにした映画『駆込み女と駆出し男』の試写会に潜入。

一足お先に“昔の離婚の実態”と、ほんの少し映画の内容もご紹介しちゃいます!

 

■今じゃ考えられない! 離婚の申し立ては“男性からのみ”受け付けていた

今は、結婚したい人としたいときにして、離婚もしたいと思えばできる時代ですよね。

しかし、遡ること200年余り。江戸時代の頃には、離婚請求は夫側からしか受け付けていなかったんです。

では女性は、いくら嫌になっても離婚を申し立てられなかったのか……?

基本的には、女性は我慢をして過ごしていたようですが、我慢がどうしてもできない女性が駆け込むお寺が存在しました。

それが、縁切寺と呼ばれる“東慶寺”で、たくさんの女性が夫と縁を切るために駆け込みました。

縁切寺は妻側からの離婚請求を受け付けて、妻を保護し、離婚調停を行う特権を公的に認めていた、いわば女性から離婚をするための“唯一”の方法だったのです。

ただし、“駆込み”には作法があり、簡単にお寺には入所できません。

駆け込もうとしても、途中で夫に連れ返されることもあり、お寺に無事に着いても、御用宿で聞き取り調査が行われます。そして、無事に入所が決まっても、尼のような厳しい生活を強いられるのです。

 

■今も昔も別れの理由は様々!

女性からの離婚がそれだけ大変だった時代ですが、それでも離婚を申し出る女性が後を絶たず、現代の2倍もの離婚希望者がいたようです。 

昔も今も、変わらないのは、女たちの別れの事情は多種多様であること。

嫌いで別れることもあれば、好きで別れることもある。

映画『駆込み女と駆出し男』の中に登場する“ある夫婦”の別れに……思わず涙しました。

色々と考えさせられる内容で、筆者も寺ではなく、旦那と共に映画館に駆け込む予定です。

 

いかがでしたか?

当たり前に、好きな人と結婚して、離婚も希望すればできる今の時代が、いかに女性にとって優しい時代になったのか。また、いかに恵まれているのか。

もっと当たり前のことに感謝して生きたいと思える、素敵な内容でした!

公開が楽しみですね。

 

【関連記事】

※ 超バレバレ!オトコは惚れてる女がいると「アレを隠す」と判明

※ 年齢によって変化!「A型B型O型」男にモテる血液型は…

※ 二日酔い風が人気!「2015春コレ」旬メイクにみるモテ予測3つ

※ プチプラでこんなにモテ顔!ヘアメイクも使うドラッグコスメ3つ

※ 返信したらアウト!LINEで「あえて既読スルーなタイミング」5つ

 

【姉妹サイト】

※ 究極の時短メイク!? 働き女子が「目元をプチ整形する」メリット4つ

※ 紙とペンだけあればOK!失恋の悲しみから3日で立ち直る簡単テク