思わず同意してしまう「ありがちな夫婦喧嘩」8パターン【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「夫婦喧嘩は犬も食わない」なんて言葉がありますが、愛し合っているからこそ、ささいなことで喧嘩してしまうもの。『「ケンカするほど仲がいい」は本当だった!米研究で判明』でもお伝えしたように、喧嘩は何も悪いことではありません。

当記事ではそんな喧嘩の中で、ありがちな夫婦喧嘩の8パターンをまとめてみました。今回は【前編】として、まずは4パターンをご紹介します。

 

■1:休日なのに……(泣)

せっかくの休日が、夫婦喧嘩で台無しになってしまったという経験はありませんか? そんな2例をご紹介。

昨夜、嫁に「どこかに遊びに連れてって」と言われ、色々と考えておくと返事し、就寝。
今朝、俺も嫁も息子も昼前に起き、嫁に「今日はどこへ行くの?」と聞かれた。
昼前だったので、どこへ行くにも半端な時間だなーと思って「近所の公園」と言ったら怒られた。
明日早起きして出掛けようと言っても、テンション下がったからもう行かない!と言われ、現在、冷戦状態…
明らかに俺が悪いな…
嫁よ、息子よ、ごめんなさい…orz

家族で近所の公園……って、個人的にはアリだと思うのですが、妻としては、休日くらい日常から逃れたかったのかもしれません。

それにしても、こういう喧嘩だと、通常は夫が逆ギレしてしまうケースが多いのですが、この夫はちゃんと反省していてかなり微笑ましいです。

嫁が口きいてくれない。
「行ってきていいよ」ていうからパチスロ行った。
2時間で帰るっていったけど、結局3時間ちょいで帰宅。
ラーメン食べに行く予定だったから「行かないの?」と聞くと無言。
もう5日しゃべってない。

……うーん。前のケースと違って、これは明らかに夫が悪いかも。きっと妻はお腹を空かして待っていたことでしょう。

パチンコやパチスロって当たりだすと止まらないので、それで予定より遅くなってしまったのかもしれません。その場合、夫は「少し遅くなるけど、勝ったお金でラーメンより豪勢なもの奢るよ!」って一言連絡をいれればよかったのではないでしょうか?

 

 

■2:今日は記念日だってば……!

男性は女性よりも記念日に疎く、また忘れっぽいのでそれが喧嘩に至るケースが見られます。

結婚して初めての嫁ね誕生日。『何もしなくていいよ』を真に受けたら離婚騒動になって今に至る。最悪だ。。。

確かに、結婚して初めての誕生日で何もなし。というのはかなり寂しいですね。とはいえ、男性はこういうことには鈍感なので、妻としては遠慮せずに「○○が欲しい」と、自分の希望をはっきりと伝えるべきでしょう。

朝、見慣れない指輪を妻がしていた。
ピンク色のかわいらしいやつ。
色白な妻によく似合ってるし、何も言わないと怒るし、と

「お、いいね、その指輪。いつ買ったんだい?似合ってるじゃないか。高そうだね(笑)」

と言った。ちょっと口が滑った感はあるが軽口風だし平気かと思ったら
どうも逆鱗に触れちまったらしい。
大きい目をもっと大きくして俺を見てから(怒るときはこの顔をする)
「怒るよりがっかりした。」
とか言い出す。

もう何だか解らない。軽いパニックの俺。

とりあえず気まずく会社に着くまでいろいろ考えたが
もしかすると初めて行った沖縄旅行で初めて贈った珊瑚の指輪かもしれない、
と気付いた。
あの薔薇の形に似てるよ、似合う、似合う!と褒めて…。

…旅行に行ったのもこのくらいの時期だ。

ヤバイ、ヤバイぞ。
完全に怒ってたゾ

妻のアクセサリーなど気に留めない夫が大半なので、気付いて褒めるだけでもこの男性は気遣いができているのではないでしょうか。

ただ、妻としては思い出の旅行でもらった指輪を忘れているのがショックだったのかもしれませんね。あと、「高そうだね」というのが余計なひと言であるようにも思えます。

 

 

■3:病気なのにひどくない?

以前、『妻の体調より自分の飯?無神経な夫の脳内を徹底解明!』でもお伝えしましたが、妻が病気のときにうまく対応できない夫はやはり多いようです。

インフルの嫁に「今食べたいものある?」って聞いたら
「無い」って言うから、俺だけ先に吉牛食べに行って嫁にパン買って戻ってきた。
元気になった嫁は言い放ちましたよ。
何度、風邪を引いても学習しない。頭悪すぎ。
あんたが風邪ひいたときに、私はどうしてる?
固いパンなんか買ってきやがって。市ね!
おまえが、食べたくないって言ったんじゃないかと言ったら、
「バカ正直?こういうのは違うけど。上手く言えないが、愛想が尽きた」
風邪で離婚されるのか?俺orz

インフルエンザのときにパンはないですね……。もしかすると、普段はパン好きの妻なのかもしれませんが、体調が悪いときに固くてパサパサのパンは喉を通りません。

こういうときにどうしたらいいかって、この妻が述べているように、「自分が体調悪いときにどんなものが食べたいか」想像を働かせるとよいでしょう。

「熱があって食欲がないし、きついので今日は夕飯作れません」と言いました。
そしたら勝手に自分でカップ麺食べ始めたまでは良かったんだけど、
私に「夕飯食べたの?」と聞いてくる旦那。
はぁ?さっき言ったこと聞いてないの?
いっつもいっつも頭の弱いことばっかり言っていい加減イライラ。
「食べてるわけないじゃん、話聞いてなかったの?」
と言い返すと突然切れて部屋の壁を殴りつけて出て行った。
賃貸なのになんでまた壁に穴あけるんだよ!
前も同じことやって敷金返ってこなくて反省したんじゃなかったの!?
ホント腹立つ。二度と帰ってくんな!!

確かに、妻の言い方にも問題があるかもしれませんが、熱があるときには、気分も不安定でついトゲのある言葉も吐いてしまうもの。

あろうことか壁を殴りつけて出て行くなんて、さすがにこれは最っ低! と言わざるをえません。

 

■4:そのプライドは不要です!

これまでは主に夫の無神経ケースをとりあげてきましたが、夫だってある面では非常に繊細なものです。

茶碗を洗ってたら
「ねえねえ、知ってた!? 一番風呂って体に悪いんだって!」と夫。
「知ってるー。っていうか常識?有名だよね。肌に刺激が強いってさ」
夫、ムッとして
「違うよ、肌に悪いんじゃなくて、浸透圧がね……2番目以降は体から溶け出した成分でね……」
「だから湯がまろやかになってるんでしょ、肌に優しくなってるんでしょ」
「……」
夫、黙って向こうへ行った。
私、思い出したことがあるので話を続けたい。
「だいたい実家のおじいちゃんが一番風呂にさ……何、もういいの」
「常識って言われて、なんかむかついた」
「いやあ、有名な話だと思うよ」
「……」
「なに、もう話しないの?つまんねー」
夫、無言で風呂へ。
それから口をきいていない。

男性とは、女性に対して自分の知識を披露して「すごーい」と褒められたいものです。

“常識・有名”などと言われて、夫のプライドはひどく傷ついたはず。妻としては、夫の「知ってた!?」に対し、仮に熟知していることであっても、または、夫から何度も聞かされていることであっても、「え、何ナニ!?」と耳を傾ける姿勢を見せましょう。

怒った旦那が出て行って、いま一人で、ちょっと途方に暮れています。
喧嘩の原因は、たぶん価値観の違い…?

私がとある曲を「これ聴いたことある?」と尋ねたのですが
旦那は「●●(洋画タイトル)で使われてた。何これパクリ?そのまんまだ」と。
●●をネットで調べてみたら、全然似てない曲でした。
「●●じゃなかったか。でも何かの洋画だ。絶対使われてた」と強く主張する旦那。

「wikiで調べたけど、洋画に使われた事実はない」と告げると
何故か「人格全否定された」と怒り出しました。
「俺はそうだって言ってるのに、wikiの方を信じるの?
俺よりネットを信じるんだったらネットと結婚しろよ」
だそうです。

さっき、機嫌を伺う電話をしてみたのですが(旦那は実家にいるようです)
「お前は人間として最低だ。離婚しよう」と言われました。

夫のプライドを傷つけると、離婚問題にまで発展してしまいます。さすがに、この夫は過剰反応ぎみですし、そもそも安易に“パクリ”認定してしまうところに、ほのかなミサワ臭もしますが、夫の発言を否定する場合は注意が必要ですね。

 

いかがでしたか? 心当たりがあって、思わずニンマリしてしまったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

次回は、【後編】としてさらに4パターンご紹介します。お楽しみに!

 

【参考】

※ 結婚・恋愛ニュースぷらす : 夫婦喧嘩中の素敵な旦那様

【犬も】夫婦喧嘩中の素敵な旦那様5戦目【喰わぬ】

【ちゃぶ台返し】夫婦喧嘩の火種【飛び散る茶碗】

※ 【ちゃぶ台返し】夫婦喧嘩の火種【飛び散る茶碗】2/all web2ch.org[2chブラウザ]