> > は…どーいう意味?男性上司の「曖昧な言葉」に隠された本音7つ

おすすめ記事一覧

は…どーいう意味?男性上司の「曖昧な言葉」に隠された本音7つ

2015/02/22 12:00  by   | 男性心理

は…どーいう意味?男性上司の「曖昧な言葉」に隠された本音7つ

曖昧な言葉を聞くと、人は都合よく解釈するもの。

たとえば、好きな人に「いい友達だと思ってる」と言われたら、「それって特別な存在ってこと?」と解釈してしまいますよね。実際は、「君とは友達止まりだよ」という意味だとしても……。

同じように、上司の言葉も都合よく解釈していませんか?

今回は、数多くの出版人と仕事をしてきた、J&Lパブリッシング代表の中川文人さんに“男性上司が言う曖昧な言葉と隠された本音”を7つ教えていただきました。

 

■1:「若いなあ。若いってすばらしい」

「“よくそんなことが言えるな。何も分かっていない”という意味で言います。身の程を知れ、ということですね。

けっして、若さを褒めているわけではありません」

 

■2:「君の気持ちはよく分かる。若い頃はオレもそうだった」

「“私の気持ちを理解してくれるステキな上司”と思ったら大間違い。

“若い頃のオレは何も分かっていなかった。君を見ると、自分が恥ずかしくなる。ああ、恥ずかしい”という意味で、自分の頭を壁に打ちつけたくなっているのです」

 

■3:「要領がいいなあ」

「物事を深く考えない人に言います。つまり、信用できないタイプということです。

そして、“要領がいいって褒められちゃった”と同期に自慢している様子を見て、“ああ、本当に何も考えていないんだな”と確信するわけです」

 

■4:「いつも元気だねえ」

「“役に立たなくてもクビにはしないよ”という意味で、褒めているつもりは全然ありません。

ちなみに、性格が暗くて役に立たない人は、即クビです」

 

■5:「君は出世する」

「“鈍感だなあ”ということです。実際、出世する人は打たれ強く、ミスをしてもめげません。

ちなみに、繊細な人は出世できません。悲しいことですが」

 

■6:「仕事だけが人生じゃない」

「“女性には色々な側面があって、仕事はその一面でしかないのね”と思ってはいけません。そんな複雑な話ではありません。

ずばり、“この仕事は君に向いていない。この会社では出世できない”という意味です」

 

■7:「君にだっていいところがある」

「“君はうちの会社とは合わない”という意味です。これを言われて、“わーい、私はこの会社にいていいんだ”と喜んでいたら、かなり痛いというわけ。

さあ、早いうちに転職しましょう。誰にでも、自分に合う会社はあります。絶望しないでくださいね」

 

いかがでしたか?

「げっ、都合よく解釈してたわ~」と頭を抱えてしまいますよね。まあ、あまり落ち込まず、前向きに生きていくのが一番かもしれません。

 

【関連記事】

男って謎…「俺って●●だろう?」と聞かれたときの正しい答え方

下半身がズキュン!LINEで送られたい「文学者の愛の言葉」3つ

幕末一「モテる志士」に学ぶ!年下ボーイを反抗させず落とす言葉

恥ずかしがらないで!恋人と「赤ちゃん言葉で話す効果」研究で判明

揺れちゃうよ!彼氏がいるのに「グラッときちゃった言葉」5つ

 

【姉妹サイト】

※ 仕事が来ない原因はコレ!? 「ダメ認定されちゃう派遣社員」のNG特徴5つ

※ 疲れるのは「朝ごはん抜き」のせい!? 体調不良を招く意外な理由とは

 

【取材協力】

※ 中川文人・・・1964年生まれ。作家。法政大学中退、レニングラード大学中退。著書に『サムライの名言100』、『サムライ・コミュニズム』、『1987年の聖戦』(Kindleにて発売中)、『地獄誕生の物語』(以文社)など多数。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'kyoko'の過去記事一覧