アレが溜まるとガサガサに?汚い肌が「トゥルットゥルに」なる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

アレが溜まるとガサガサに?汚い肌が「トゥルットゥルに」なる方法

あなたがモテないのは、“水毒”が原因かも?

水毒がカラダに溜まると、お肌がガサガサになります。

そうでなくとも、この時期のお肌は、超絶乾燥しっぱなしなのに、水毒は、さらなる“ガサ肌”を作るそうです。

そこで、元アトピーのガサ肌から、今では“美人整体師”としてTVや雑誌で引っぱりだこの、美容家・整体師で『水毒を溜めない人は美しい』著者の朝井麗華さんに、美肌になる方法を聞いてきました!

 

大切なのは水毒を溜めないこと

「私は、ブツブツガサガサの肌で、ずっとアトピーに悩まされてきました。

そんな私を変えたのは、ある“習慣”でした。

それは20代半ばから始めた“デトックス習慣”です。私は、22歳で結婚し、その翌年に夫が末期がんであることがわかり、病を克服させたい一心であれこれ取り入れました。

その結果、行き着いたのが“体内に溜まっている悪いものを追い出す”ことだったのです。

とくに、女性は“水毒”を溜めやすく、身体が冷え、むくんで痩せにくくなったり肌がくすんで荒れやすくなったりしています。

水毒というと、何か特別な毒のように思えますが、その実体は“水”、つまり体液です。

自分の身体の許容を超えた水分の取り過ぎ、水をつかさどる腎の経絡の働きの低下、身体の冷え、筋力の低下などが著しくなると、水毒が溜まってしまうのです。

水毒は溜まりやすいけれども、動かしやすくもあるため、水毒にアプローチすれば、効果的にデットクスを行ない美肌にもなれるのです。

美肌は100難隠すとも言いますよね。お肌がキレイだと、男性の反応も格段に良くなりますよ」

 

毎日やりたい! 簡単デトックス

「人が美しくあるためには、水毒を溜め込まず、“気・血・水”の3つがバランスよく体内を循環していることが大切です。

気=エネルギー、血=血液、水=体液のうち、どれかひとつが滞ると、他のふたつも滞り始めるので、しっかりデトックスが行なわれなくなります。

逆にひとつをきちんと巡るよう促すと、他のふたつも影響されて巡り始めるのです。

では、ココで毎日やりたい簡単デトックス法をご紹介します。

体に溜まった余分な水分、“水毒”を体外に放出し、お肌を美しく、更に余分なお肉まで落とすためにやりたいのは、“逆立ち”です!

私は、一日のほとんどを、施術で立ちっぱなしで過ごしているため、下半身に溜まった水毒を排出しやすいように体をひっくり返して上半身に戻します。

それだけでも、十分に水毒は流れ、デトックスに一役買ってくれるのです」

 

いかがでしたか?

体の“気・血・水”の循環を整えて、体内の水毒をはじめとする毒素を溜めないように心掛け、体の内側から美しくすれば、驚異の美肌美人になれること間違いなしです!

日々水毒を溜めず、美しくなって、彼のハートを射止めちゃってくださいね。

 

【関連記事】

※ 心外ですっ!「合コンなんて行きません男子」が思ってること3つ

※ 「彼女の誕生日と仕事」どっちを優先?調査でわかった男のホンネ

※ 初カノのくせに!「女をわかった風に語る」オトコのセリフ3つ

※ なんだと!彼女いても「逆ナンパ」についていく男は●割と判明

※ 狙いの彼から上司まで「オレのこと好き!?」と勘違いさせるネタ4つ

 

【姉妹サイト】

※ おいおい!職場で「ユルすぎ女子」認定されるうっかり失言ワード4つ

※ 朝に一杯飲むだけ!美容とストレスに効果抜群の「意外な習慣」とは

 

【取材協力】

※ 朝井麗華(あさい れいか)・・・美容家・経絡整体師。美しく健康になるプライベートサロン『気・Reika』主宰。臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿療法の素晴らしさに目覚める。現在、ゴッドハンド・カリスマとメディアから評され、施術の他、独自技術のスクール、美容健康に関するセミナー、メディア等で専門家としての講師業も行う。著書に『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)『水毒を溜めない人は美しい』がある。他に、おっぱい番長の「乳トレ」検定監修など。