> > ポコーン!「こいつしつけぇ…」と思われないLINEの特徴3つ

おすすめ記事一覧

ポコーン!「こいつしつけぇ…」と思われないLINEの特徴3つ

2015/02/20 20:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

ポコーン!「こいつしつけぇ…」と思われないLINEの特徴3つ

LINEは、いろいろな機能がついているのに基本無料という、大流行するのも納得なアプリですが、ただひとつ難点を言うなら、“既読機能”ですよね。

あれのせいで、「読んだらすぐに返さないとー」といったプレッシャーもありますし、逆に「既読されたのに返事来てないから、こっちからは送れないよね……」なんていう悩みも生まれてきます。

でも、気になる男性には、そんなことをおかまいなしにどんどんLINEを送りたくなってしまうのが乙女心。

そこで今回は、現役キャバ嬢の秋田まちこさんに“しつこいと思わせずにLINEを送りまくる方法”について聞いてみました。

 

■1:小出しで送る

「まずオススメなのはこの方法。これを普段からやっておけば、どれだけ連投をしても“うぜっ”と思われるのを回避できます。

その方法というのは、長文を絶対に送らないことです。

例えば“今日は買い物行ったんだよー。○○くんはなにしてた? そういえばさー、あの噂聞いた? 超びっくりじゃない?”みたいな複数の話題を含んだ文章を、ひとつにまとめて送るのではなく、話題ごとに区切って短く短く送りましょう。

普段からこうしておくと、“この子はこういうふうに思いついたことをポンポン送ってくるタイプね”と把握してもらえるので、既読無視をされているときにまた別の話題でこっちから送っても、違和感がないんです」

 

■2:急用を挟む

「お次は、どうしてもLINEをしたいのに、相手が既読無視をしているためにこちらからは送りにくい場合の対処法。

それは、急用を挟むこと。

“ねえねえ、明日って9時でいいんだったよね!?”といった、さすがに無視はしづらいような急用の質問をして、相手の質問が返ってきたらまたトークを再開させましょう。これなら自然。

ちなみに、ここで再び既読無視されてしまっている前の話題をぶり返すよりも、まったく違う話題でいったほうがいいです」

 

■3:「しつこいかも」という気持ちを捨てる

「最後は、気持ちの持ち方。“私、しつこいかなー、重いかなー”と思ったままLINEをすると、どうしても相手にそれが伝わってしまいます。

むしろ開き直って、“しつこくない。ただ送るだけでなにが悪いわけ?”とサバサバと送れば、いくら連投になっても重たい感じが出ないんですよ」

 

いかがでしたか?

みなさんも、どうしても気になる男性とのLINEがいつも既読無視をされてしまってなかなか続かず困っていれば、これらのテクを使ってその気まずさを打開してくださいね。

 

【関連記事】

※ 返信したらアウト!LINEで「あえて既読スルーなタイミング」5つ

※ スマホストレス解消!LINEで「すぐブロックすべき男」特徴4つ

※ これ以上はウザい!LINEで「返信を止めるべきタイミング」3つ

※ 男が思わずトキめく!「1通目のLINE」キラーフレーズ4つ

※ え…そこかよ!オトコが「チロッと胸が見えたとき」思ってること5つ

 

【姉妹サイト】

※ 忙しくてもオンナを捨てない!飲むだけで「セクシーに見える」ドリンク4つ

※ 小腹空いたらコレ!よく眠れて美肌にもいい「寝る前のおやつ」5つ

 

【取材協力】

※ 秋田まちこ・・・東北生まれ北米育ち。帰国後、大学生をしながら水商売の世界へ(18歳~現在)。仏文学修士号取得後、新聞社などを経て現在代理店勤務。ごく一般的なOL生活をしながらも2014年5月に、Kindle版『キャバ嬢の●●的S●Xライフ』を出版。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小川沙耶'の過去記事一覧