> > 「○○妻」に学ぶ!小さくても相手の心に染みる日常の気配り4つ

おすすめ記事一覧

「○○妻」に学ぶ!小さくても相手の心に染みる日常の気配り4つ

2015/02/11 21:30  by   | 男性心理

「○○妻」に学ぶ!小さくても相手の心に染みる日常の気配り4つ

2015年の1月から始まった日本テレビのドラマ『○○妻』。○○に何が入るのか気になりつつも、柴咲コウ演じるひかりと、東山紀之演じる久保田正純の夫婦関係の裏側がみえてきました。

このドラマにでてくる“ひかり”は、妻としてどこまでも優秀です。優秀すぎて怖いくらいの優秀さなのです。妻がここまでできてしまうと、夫は逆に何もできなくなってしまうのかもと思ってしまうくらいです。こんな人が妻になってしまったら、離婚しようにもできなくなってしまうでしょう。

今回は、そんな“ひかり”の行動をもとに、相手にできる小さな気配りの方法をご紹介します。

 

■1:寝る前には加湿器を

冬は特に乾燥が気になる季節です。美容のためにも加湿は重要ですよね。でも、それは男性にもいえること。乾燥していると喉を痛めやすくなりますし、風邪もひきやすくなってしまいます。

寝ている時間を快適に過ごしてもらい、朝スッキリと起きてもらうためにも、寝る前には彼の家であっても加湿器の水が十分入っているか確かめましょう。

できれば、相手がお風呂に入っている間などを狙って、知らない間に行えば、さらに気配り度アップですよ!

 

■2:靴を直す

彼が仕事にでかける朝、玄関にきっちりと揃えられ、履きやすいように置いてある靴。「靴なんて自分で整えるべきだし、適当に脱いだままでも履けるから」などど思わずに。こういう小さなことの積み重ねが相手の心を動かすものです。

汚れたままの靴など履かせないような気配りも、妻として重要な心構えです。

 

■3:彼へのメモ

彼が残業や飲み会などで帰るのが遅くなる場合、できれば起きて待っているほうが印象がいいかもしれません。でも、そうすると相手に逆に負担をかけてしまう場合もありますし、自分の仕事にも影響してしまいます。

そんなときに効果的なのがメモ。お礼と伝言、お疲れ様とおやすみなさいをセットにして、帰って来たら絶対に見える場所に置いてみてはいかがでしょう?

 

■4:次の日の服の用意

相手が次の日に着る服の用意までできたら完璧ですね。男性はスーツの場合が多いので、ワイシャツとネクタイ、靴下と肌着くらいは用意できるのではないでしょうか。

朝は時間がなくて忙しいものです。着るものがまとまって置かれていれば、男性は着替えるのが楽ですし、朝からネクタイの柄などを選ばなくて済みます。

 

さて、あなたはどこまでできそうですか? これ以外にもまだまだ小さくても相手をみていればできる気配りがたくさんあります。あなたが疲れてしまわない程度に、相手が気持ちよく日常を送れるお手伝いをしてみてはいかがでしょう。

実はこの行為には裏の意味もあります。ここまでのことを毎日あなたがしてあげていると、あなたがもしいなくなったとき、どれだけ自分があなたを頼りにしていたのか男性は気づくはずです。ケンカしても、仲直りしやすくなるというメリットもあるんですよ!

 

【関連記事】

※ 怒りどころか殺意わく!? 同棲中にチェックすべき「彼の生活態度」

※ アアッ…イイっ!98%の男性が「女性に握られたい部分」とは

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ お泊りとは違う…「同棲するとすぐ嫌われちゃう」女性の特徴3つ

 アレが激しすぎる?同棲してわかった男性の「本性」はこれだった

 

【姉妹サイト】

※ 自己流は危険!オフィスで絶句される「勘違いNGメイク」6パターン

※ 「猫の恩返し」って本当!? にゃんとも不思議な猫を飼うメリット5つ

 

【参考】

『○○妻』 – 日本テレビ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'大山奏'の過去記事一覧