チョコいらなかった!オトコがバレンタインに欲しいのは「アレだけ」と判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

チョコいらなかった!オトコがバレンタインに欲しいのは「アレだけ」と判明

明日は、ついにバレンタインデイ!

好きな彼に何をあげるか、もう決まっていますか?

今回『Menjoy!』では、男性500人に対して「バレンタインデイの本音」を調査(協力:クリエイティブジャパン)! 男性が欲しいのはチョコレートではなく、なんと、アレであることが判明!

 

■チョコより「好き」の言葉が欲しい

男性に、“好きの言葉だけ”と“好きの言葉+チョコ”どっちが嬉しいか聞いてみたところ、なんと“好きの言葉だけ”を選んだ男性が500人中281人、56%という結果に!

気持ちさえきちんと伝えてくれたら、チョコはいらない、という男性のほうが多いことが分かりました。

女子的には“言葉だけで告白するバレンタイン”は少し寂しいような気もしますが……。

一体なぜ、男性は“好きの言葉だけ”が良いのか? 理由を見てみましょう!

 

■“好きの言葉だけ”派の男性の意見は?

「言葉だけのほうが真実味が増すから」

「言葉だけならお返しが必要ないから」

「欲しいのは心で、物は必要ない」

「健気で、かわいいと思うから」

「言葉もいいけど、手紙での告白とかされてみたい」

チョコレートがあると、“イベント感”が増してしまい、「コレって本命なの? 義理なの?」と疑問に思う方も多いようです。

ですから、あえてストレートに“言葉だけ”のほうが、男性は直球で「かわいいな」「本気なんだな」と、思ってくれることが分かりました。

お返しの必要もないため、男性的には、超ありがたいであろう“言葉だけでの告白”! 今年はコレで勝負してみては?

 

■“好き+チョコ”派の男性の意見は?

「どちらでも良いけど、もらえるものはもらいたい」

「チョコがないと、ただの“ドッキリ?”と思う」

「言葉だけじゃ少し物足りない」

「チョコが単純に大好きだから」

言葉だけだと、逆に「本当か?」と疑いたくなる男性もいるようです。

なので、チョコもあげるか?言葉だけにするか?は、相手を見て判断する必要がありそうですね。

全体的に、若年層は“チョコも欲しい”、30代以降は“好きの言葉だけ欲しい”という傾向にありました。

参考にしてみてくださいね。

 

いかがでしたか?

“好きの言葉だけ”がいい派の男性が多いというのは、意外でしたね。

彼が、甘いものを嫌いだったり、年配の方の場合には、“言葉だけの告白”もアリかもしれませんね。

こちらを参考に、どうか、ハッピーなバレンタインをお過ごしくださいね!

 

【関連記事】

※ 心外ですっ!「合コンなんて行きません男子」が思ってること3つ

※ 「彼女の誕生日と仕事」どっちを優先?調査でわかった男のホンネ

※ 初カノのくせに!「女をわかった風に語る」オトコのセリフ3つ

※ なんだと!彼女いても「逆ナンパ」についていく男は●割と判明

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 罪悪感は無用!「仕事中の間食」が働き女子にもたらす驚きのメリット2つ

※ シビアすぎる婚活事情!? 女性の94.3%が「上場企業男子」希望と判明

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン