バレンタイン前に知っておくべき!「デートのあるあるミス」3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

バレンタイン前に知っておくべき!「デートのあるあるミス」3選

化粧からテーブルマナーまでばっちりの女性でも、些細な言動で彼の関心を欠落させてしまうこともあります。

バレンタインデーはカップルで出かける方も多いと思われますので、その準備に今回は“デートのあるあるミス”を3つ紹介させていただきます。 

 

■1:気のないフリ

「ツンデルがモテる」なんてよく耳にするけど、本当の所はどうでしょう? 

『Psychology Today』が、18年も米ロスアンゼルスでデートとお見合いの相談所を運営しているジェシー・クレイビク氏に行ったインタビューによると、デートでもっとも男に嫌がられるのは“気のないフリをする”瞬間だそうです。

女性と違い、男性脳は“相手の行動や言葉に隠れている些細な意味”に気づくのは苦手です。気のないフリをされたら、嫌になって次の候補に移ってしまうのでしょう。 

彼のハートを掴みたいのであれば、お気持ちをハッキリと伝えてみたらいかがでしょう?

 

■2:元カレの話

「元カレにも同じこと言われていた!」

「元カレもこのお店で買い物していた!」

「前もデートでここに来た事ある!」

会話の流れでポロっと出てきてしまう元カレ話に要注意! 他の男のことを考えているように見えてしまう所が相手にとっては非常に失礼です。嫌になるのは不思議ではないでしょう。

相手に対する“誠実さ”を守れば、全てを打ち明けなくても大丈夫だと、デートアドバイザー暦40年のトーマス・ホッジェズ氏が教えます。

どうしても共有したい話の場合、相手の気持ちを考慮して“元カレ”ではなく、“前いた友達”や“知り合い”などの言い回しを使うほうが良いでしょう。

 

■3:感情の込もってない言葉

現実的に、相手が話す全てのことに興味を持つのは難しいかもしれませんが、

気の抜けた返答では、逆に彼も会話を続けにくくなってしまいます。

「そうなんだ! おもしろいね~」

「へー、知らなかったー!」

「すごいね~!」

関心を示しているつもりでも、以上のような“埋め草”になりがちの言葉ばかりでは、会話を切り詰めてしまうので要注意。特に初デートの場合は彼も緊張しているはずなので、気のない返事をもらったときは落胆するでしょう。

話題に気を遣わずに話せる環境を作るのが大事なので、興味がなくてもしっかり会話が弾むように言葉遣いを工夫してみましょう。

 

さて、バレンタインデートの準備はいかがでしょうか? 言動に気をつけて、彼をがっかりさせないように、頑張りましょう!

 

【関連記事】

※ もうバレバレ!「男が惚れてる女に送るLINEスタンプ」特徴4つ

※ 一番繊細なアソコに優しいキス!? 「ロマンチックな朝演出」5つ

※ つい無意識に目が…男性が好きな女性にやりがちな本能的アクション2つ

※ 何もやってないよ…はウソ!スタイル美人がこっそりやっている「やせ習慣」3つ

※ アレッ痩せた!? マイナス5キロにみえる「ヤセモテヘア」5つ

 

【姉妹サイト】

※ 究極の時短メイク!? 働き女子が「目元をプチ整形する」メリット4つ

※ 紙とペンだけあればOK!失恋の悲しみから3日で立ち直る簡単テク

 

【参考】

※ Why Didn’t He Call? – Psychology Today

※ 12 Dating Tips that Will Transform Your Love Live – Women’s Health

※ Can’t She Stop Talking About Her Exes? – AskMen