> > 元彼に自分を思い出させる「究極のスーパーテク」が判明!

おすすめ記事一覧

元彼に自分を思い出させる「究極のスーパーテク」が判明!

2011/08/27 19:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

彼との交際を、お互いの考え方の未熟さや、勢いのみで終わらせてしまった場合、その“別れ”がほろ苦い思い出として心に蘇ってくることがあります。“未練”という感情となって湧き上がってくることもあるでしょう。

そうやって当時を思い出した時、今、その彼が自分のことをどのように思っているのか気になりますよね? 元彼に自分のことを思い出させる“方法”があるのなら、それを使わない手はないでしょう。

その方法について、数々の恋愛ハウツー本の執筆のほか、バラエティ番組出演などで活躍する女豹ライターの島田佳奈さんに教えていただきました。

 

■“いい想い出”のみを思い出させる!

「まず、“アイツと別れて正解だった”と胸を撫で下ろすような悪い想い出が蘇るのではなく、あくまでキュンと切ない気持ちになったり“アイツどうしてるかな……”と思わず連絡したくなっちゃうような、いわゆる“美化された想い出”にフォーカスが当たるような思い出し方でなければいけません」

“いい想い出”のみが心に蘇ってきたのなら、ふたりの距離が再び縮まっていく可能性は十分にありますよね。ズバリ、その方法とは?

 

■付き合っている間に仕込んでおく!?

「最も確実なのは、交際当初から用意周到な仕込み(次の彼女とも行きそうなデートの名所を制覇しておく、未練が残りそうな切ない別れ場面の演出など)をしておくことですが、不倫など“別れを前提とした交際”でもなければ、付き合ってる最中からそこまで想定して動くことなんてできませんよね」

確かに、“別れ”に対する準備なんて、あらかじめ出来るものではありません。「いつまでも一緒にいたい」というのが交際中のふたりの心理なわけですから。

では、どうしたら“いい想い出”を蘇らせることができるのでしょう。なんでも『リフレインメール』というのが大きな鍵を握るそうですが……?

 

■懐かしさを共有できる場所を写メール!

「ふたりで訪れた想い出の場所へ行き、それと分かるような景色の写真を撮り、彼へ写メール。“たまたま仕事で来たら、ついAくんのことを思い出しちゃって、涙腺緩んでヤバかったです(笑)”みたいな一文を添えて。“お元気ですか?”くらいはつけ足してもいいでしょう。だけどそれ以上の長文はNG。思い出して懐かしい気持ちを抱かせれば目的達成です」

 

やはり一度は終わった恋。答えを求めすぎてはいけないんですね。確かに、求めすぎるとせっかくのいい想い出が崩れてしまいかねないです。「返事が来たらラッキー」というぐらいの軽い気持ちで待った方がいいのかもしれません。

とは言え、もし、いま交際中の相手がいて心に余裕があるのなら、いつ訪れるか分からない“別れ”の時のために、ここぞという“ふたりの思い出の場所”を写真で撮っておくといいかもしれませんね!

 

【参考】

※ 女豹ライター・島田佳奈

iPhone、iPodTouch、iPadで読める電子書籍『シブコイ。~渋谷で恋をした頃~』が好評発売中!

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小川沙耶'の過去記事一覧