> > 200から300万円ないとダメ?女に求める「結婚時の貯金額」

おすすめ記事一覧

200から300万円ないとダメ?女に求める「結婚時の貯金額」

2015/03/03 07:30  by   | 結婚

「結婚しよう!」

長く付き合っている男性からの、この言葉を心待ちにしている女性も多いのではないでしょうか。プロポーズを受けたら、結婚、新生活、子育てと将来の夢も広がっていきますよね。

しかし、明るい未来と切っても切り離せないのが“お金”の話ですよね。男性も「俺が全部出してやるぜ!」と言いたいのは山々ですがそうもいかず、結婚式などの費用はお互いの貯金を見比べながら……というのが現実です。

そこで今回は今回は『Menjoy!』が500人の男性を対象に実施した「結婚相手に求める貯金額」(協力:クリエイティブジャパン)の調査をもとに、男性は結婚相手にどれくらい貯金を持っていてほしいのかについてみていきたいと思います。

 

■社会人の貯金目安!? 「200万~300万円くらい」

「結婚後の生活を考えると200万くらいは持っておいてほしい」

「社会人として計画的に行動していれば、このくらいはすぐ貯まるから」

調査の中で「結婚を意識している女性にどれくらいの貯金額を求めますか?」という質問を行ったところ、「200~299万円」と答えた男性が13%、全体で3番目に多い回答が寄せられていました。

社会人として働いていれば、数年もすればこれくらいの貯金ができて当然だと考えている男性が多いようで、200~300万円というところが、社会人の貯金額として一つのボーダーになっているようでした。

逆に、これよりも貯金が少ないと「この子は浪費癖があるのかな?」など将来の結婚に不安をもってしまう男性もいるようで、しっかりと貯金をしようと考えている女性は、まずこの金額を目指すべきなのかもしれません。

 

■若い人ならばこれくらいで十分。「100万~200万円くらい」

「結婚資金をそれほど相手に期待はしていないが、多少はあってほしい」

「100万円が“貯金”という行為のひとつの区切りの数字だと思う」

次に多かった回答が「100~199万円」という金額で、20%の男性がこれくらいの貯金を結婚相手に求めているようでした。男性の多くは「女性に貯金がないと不安になるが、若いのだし何百万というお金は期待していない」と考えているようで、「入社数年目で100万円貯金していれば立派なものだ」と考えている男性もみられました。

また、貯金という行為の単位を100万円だと思っていると答えた男性も少なくなく、100万円以上貯金できる女性は家計のやりくりがちゃんとできる女性だと男性は見なしているようでした。

 

■女性の貯金なんて気にしないが35%

「結婚を決めてから2人で貯金すればいい」

「貯金の有無は結婚の条件ではない」

意外にも一番多くの回答が寄せられていたのが「0~49万円」という答えで、35%の男性が回答していました。

その理由を見てみると「貯金額は結婚に関係ない」という回答がほとんどで、3割以上の男性は女性の貯金なんて気にしていないと言えそうです。

 

いかがでしたか?

貯金があればそれは良いことなのですが、決して結婚の為にと過剰に貯蓄する必要もないのかもしれません。コツコツと少しづつ貯金するクセがちゃんとあれば、男性は別になんとも思わないようでした。

 

【関連記事】

※ もう手遅れ!? 「私っ結婚できないかも…」と切なくなる瞬間5つ

※ 2位は性格!1位は…「本命彼女にするかどうか」決め手トップ5

※ これが本当の愛…?「2番目に好きな男友達」を選ぶメリット3つ

※ げっ毎日使ってた!「男が彼女にいわれて面倒な言葉」ワースト5

※ 男性が本当に心を許した相手にしか話さない6つのこと

 

【姉妹サイト】

※ それも実力のうち!? 男性上司にかわいがられる女性社員の特徴4つ

※ マジで!「服を出しっぱなし主婦」が約半数という驚きの調査結果

 

【参考】

 ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン

 

【画像】
Sofi photo / Shutterstock

 

【画像】

By Vive La Palestina

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'fumihira'の過去記事一覧