スケールでかすぎ!海外のドン引き夫婦喧嘩8パターン【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回の記事では、海外の壮絶すぎる夫婦喧嘩をまずは4例ご紹介しました。今回は残りの4例です。

 

■5:究極の夫婦喧嘩は殺し合い!?

メキシコでは、ハリウッド映画顔負けの大アクション夫婦バトルが繰り広げられました。(※1)

この夫婦は、ナイフや銃、手製の爆弾まで使ってバトルを展開。しかも事件後、夫婦ともに反省の色は全くなし。夫は記者に対し、妻がやけどを負っていい気味だとコメントし、妻は夫の男性自身を切り落とさなかったことを後悔していると話したというのです。

事件があったのは2006年のことですが、数年を経た今、この夫婦がまだ生きているのかどうか心配なところです。

 

■6:ちょっと潔癖症すぎる奥様

ちょっとした生活習慣の違いは、夫婦喧嘩の原因になりやすいもの。中国ではこんな仰天事件が発生しています。

中国のある新婚家庭において、妻は夫が足を洗わずにベッドに入ったのを見て大激怒。なんと寝ている夫のシーツに火を付けて、夫を焼き殺してしまったのです。(※2)

新婚にもかかわらず、日頃から争いが絶えなかったとのことですが、夫はまさか焼き殺されるとは夢にも思わなかったはず。自分の何気ない行動がパートナーに殺意を抱かせうるということを、我々も肝に銘じるべきでしょう。

 

■7:最低最悪の“とばっちり”!

夫婦喧嘩の火の粉が、第三者にまで及んでしまうケースもあります。

ニュージーランドでは、夫の浮気に激怒した妻が、相手の女性の家を夫に白状させて車で突っ込むという凶行に及びました。(※3)

ところが、なんと車が突っ込んだのは、浮気相手とは全く無関係の別人の家だったのです。

実は夫は、わざと違う家を妻に知らせていたとのこと。浮気相手の家が破壊されるなら多少は自業自得な面があるものの、別人の家とは、とんだとばっちりとしか言いようがありません。

 

■8:背筋が凍る鬼畜夫婦の最低行為

台湾では、子どもが夫婦喧嘩の犠牲者になるという悲劇が発生。

油麺販売を営む夫が配達から店に戻った際、妻は夫が配達先で酒を飲んできたことに気付き、口論になります。……と、ここまでは日本でもありがちかと思われますが、なんと夫は妻の「やれるもんならやってみろ」という言葉に刺激され、生後10ヶ月の娘を麺を茹でるための大鍋に放り込んだというのです。(※4)

娘は全身に大やけどを負い重体。挑発する妻もどうかと思いますが、実行してしまう夫の鬼畜ぶりに戦慄を覚えます。「酒を飲んだ後の衝動的な犯行」などと弁解しているとのことですが、どんな理由があっても許される行為ではありません。

 

【前編】・【後編】と併せて8例をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 海外の事例をみると、日本の平和さをしみじみと実感としてしまいますよね。

当記事が、「今日も仲良くしてくれてありがとう」とパートナーに感謝するきっかけになれば幸いです。

 

【参考】

※1.痛いニュース(ノ∀`) : 【メキシコ】夫婦喧嘩でナイフに銃、爆弾【家を爆破】 – ライブドアブログ

※2.Techinsight » 足を洗わない夫を焼き殺した新妻。中国

※3.夫の浮気に怒った若妻、相手女性宅に車で突っ込むも・・・ 国際ニュース : AFPBB News

※4.Techinsight » 【アジア発!Breaking News】子どもを沸騰した鍋に投げ入れた鬼父。