> > 2位は徳島県…ワースト1位は?「ブスまつ毛選手権」驚きの結果

おすすめ記事一覧

2位は徳島県…ワースト1位は?「ブスまつ毛選手権」驚きの結果

2015/03/09 07:30  by   | 自分磨き

「あの子、性格はいいけど、顔はイマイチなんだよなぁ……」と、気になる彼から密かに“ブス”認定されていたら、とってもショックですよね……。

美しい顔を形づくるパーツの1つが“目”ですが、スッと伸びたフサフサのまつ毛があると、それだけで美人度が何倍も増してくるものです。

ところが、まつ毛美容液を販売するアンファーの調査によれば、なんと都道府県によって“ブスまつ毛”な女性が多いエリアがあるという驚きの実態が判明!

どういうことなのでしょうか、さっそく同調査を参照してご紹介していきましょう。

 

■まつ毛の負担、ケアに意識が低い岡山県がワースト1位に……

同調査で美しいまつ毛に欠かせない、まつ毛メイクによる“負担”と、まつ毛美容液などで行う“ケア”の2つの側面より総合ポイントを算出した結果、“ブスまつ毛”調査でワースト1位となったのは、岡山県(総合-36.86Pt)、次いで2位は徳島県(総合-35.14Pt)、3位は福井県(総合-34.80Pt)という結果に。

これらのワースト3はまつ毛への負担が大きく、同時にまつ毛ケアに対する意識が低いことが要因だと指摘されています。

ちなみに、まつ毛の負担が少ない“美まつ毛”TOP3は、奈良県(総合-19.16Pt)、福岡県(総合-20.56Pt)、長崎県(総合-22.22Pt)の順になったそう。

TOP3はいずれも負担が低く、ケアの意識が高い傾向があったのだとか。

つまり、生まれながらに“まつ毛ブス”ということではないのですから、意識やケアを注意すれば、“まつ毛美人”になるのは簡単ということ!

 

■美まつ毛の秘訣は専用ケアの意識!? 

なぜ岡山県がブスまつ毛ワースト1になってしまったかというと、その要因は“ホットビューラー”の使用率が26%と高く、これは全国平均(13%)の約2倍にもなるのだそう。

また、“負担”が全国2位の東京都は、マスカラの使用率が全国1位の96%で、平均(79%)を大きく上回る結果も出ているのだとか。

今回の調査で“美まつ毛”をキープしている1位は奈良県(総合-19.16Pt)、2位は福岡県(総合-20.56Pt)、3位は長崎県(総合-22.22Pt)だったのですが、奈良県ではまつ毛美容液の使用率(33%)だけでなく、まつ毛メイク専用リムーバーの使用率が44%と、全国平均(28%)を大きく上回っていたそうです。

まつ毛に対して意識的に正しいケアを継続して実践することが、顔の印象を左右する“目”を、美しく保つ秘訣といえるでしょう。

 

いかがでしょうか。

フサフサで黒々とした長~いまつ毛は、それだけで顔の印象を華やかにしてくれますし、男性から見ても女性らしい顔立ちに映るようです。

彼から「性格いいんだけど、顔がイマイチなんだよな~」と、密かに残念女性に認定されないためにも、日頃からまつ毛ケアの意識は高めておくにこしたことはないでしょう。

 

【関連記事】

※ こりゃブス認定まっしぐら!男が考える「キングオブ・性格ブス」7つ

※ えっスタイル悪くね?男子のヤル気をそぐ「おブスコーデ」ワースト5

※ 「うわぁ…隣とか無理」職場で嫌われるドン引き!ブス行為5つ

※ カレに気づかれたら即アウト!印象を5割ダウンさせるアノ臭いを防ぐ方法

※ おしゃれスモーカーは注意!男子が暴露する「喫煙女子」がモテない理由

 

【姉妹サイト】

※ もう何だって許しちゃう!女性だからこそデキる「最強の土下座テク」4つ

※ モテ子は堂々と見せていた!接近戦で男が見てる女性のパーツとは

 

【参考】

47都道府県“ブスまつ毛”調査 – アンファー

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'namiki'の過去記事一覧