好感度アップ?絵文字を使うと「デートにつながりやすくなる」との統計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

恋愛において、なくてはならないツールとなってしまったメール。これをうまく使って、恋愛を上手に転がさない手はありません。統計で、メールで絵文字を使う人はデートにつながりやすいとの結果が出ているので、紹介したいと思います。

海外女性ファッション誌『GLAMOUR』に掲載された記事を参照に、統計を分析しながら絵文字のうまい使い方についても解説しますね!

 

■1:絵文字ユーザーはデートが実現しやすい!?

記事によると、アメリカの恋愛マッチングサイト『Macth.com』が5,675人を対象に、絵文字が男女間のメールのやり取りで、どのような影響を及ぼすか統計を取った結果、絵文字ユーザーの52%が少なくとも年に1回はデートに行き、絵文字を使わないユーザーで1回でもデートした人は27%に留まったとわかりました。

やはり文章だけでなく、相手の気持ちをほころばす笑顔などの絵文字は、男女間で使用すれば好感度がアップするようです。

 

■2:絵文字を使用する理由は自分の性格を表現するため

そして、絵文字を使用する51%の人が、絵文字を使用する理由として「自分の性格を表現したいから」と答えています。ウィンクや投げキッスなどの絵文字を使用すれば、かわいらしく相手に好意を示すこともできて効果的。

メールは相手に顔が見えない分、自分の感情や性格を伝えるツールとして、絵文字を上手に使いこなすスキルは身につけたいものですね。

 

■3:言葉で伝えるより絵文字のほうが楽

絵文字ユーザの37%が、言葉で伝えるよりも絵文字のほうが楽だと答えています。うまい言葉が思い浮かばなかったり文章を考えるのが面倒だったりする場合は、やはり絵文字は手っ取り早いうえに、相手に悪い印象を与えることも少ないはず。

ですがスタンプ同様に、あまりに多用しすぎると手抜きをしているようにも思われかねないので、バランスを考えて上手に使用する必要がありそうです。

 

■4:一番人気の絵文字は!?

一番人気の絵文字は、1位がウィンクで2位がニコニコマーク、3位がキスという結果に。この3つの絵文字をうまく使いこなすことは、男女間のメールのやり取りにおいてマストなようです。ぜひマスターしましょう!

 

あまりにもウィンクやキスの絵文字を多用して、彼に好き好き攻撃しすぎては逆効果にもなりかねないので、コントロールが大事ですね。それに、お礼の言葉や褒め言葉は面倒くさがらずに、きちんと文字で伝えるようにしてくださいね!

 

【関連記事】

これ…実にモテます!オトコが喜ぶ「男前なメールを送る秘訣」3つ

ワガママではなく「甘える」?男心をくすぐるメールのコツ3つ

文面より明確!「メールがくるタイミング」でわかる男の本音3つ

なんで返信ないのッ!? 「男からメールがこない本当の理由」3つ

悲報!彼からのメールが多いのは「あなたに会うのが面倒」だからと判明

 

【姉妹サイト】

※ 究極の時短メイク!? 働き女子が「目元をプチ整形する」メリット4つ

※ 紙とペンだけあればOK!失恋の悲しみから3日で立ち直る簡単テク

 

【参考】

People Who Use Emojis Score More Dates, Says This Awesome Survey – GLAMOUR