「○○なコ紹介して!」男の無理なお願いを上手に断るフレーズ4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんは上司や知り合いの男性から、「いい子紹介してよー」なんてお願いをされることはありませんか?

そんなとき、「お前じゃ無理だよ……」と心のなかでは思いつつも、はっきりと断れずついつい誰かを紹介してしまいがちです。上手に断れる方法はなにかないでしょうか?

そこで今回は、「男性の扱いなら私に任せろ」な元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに“オトコからの無理なお願いを上手に断るコツ”について聞いてみました。

 

■1:「私、同席出来ませんがいいですか?」

「そういった男性を確実にビビらせ、“じゃあいいや……”と思わせる方法は“すみませんが、私同席出来ませんけどいいですか?”と聞いてみることですね。

むこうとしては、“この子に調度良く間を取り持ってもらって……”と画策しているところでしょうから、そのプランが崩れると、さすがにサシでうまく持っていける自信はないのです」

 

■2:「私の顔を立ててもらう意味で、お代は全額……」

「これも、相手をひよらせて諦めさせる方法です。“いいですけど、呼んでおいてワリカンだと相手に悪いんで、全部払ってもらって大丈夫ですか?”と言ってみましょう。

きっと、“え、ワリカンだめなの!?”とかなりひるんでしまうでしょう」

 

■3:「ちょっと返事待ち……」

「あまりにその場では断りにくい場合には、上手に“今、返事待ちです。いろいろと忙しい子なんで……”と、とにかく時間を稼ぎましょう。

だいたい2週間もすれば忘れているはずですよ。もしも覚えていて、また催促されてしまっても……なんとか頑張って先延ばしにしましょう!」

 

■4:「すぐに入籍とか出来る感じですか?」

「遊びざかりの男性が、逆に一番ビビってしまうのは女性の強い結婚願望。

“ものすごくかわいい子いますよ。けど彼女、とっても結婚願望が強くて、即婚約みたいなタイプじゃないとNGなんですよね~”とチラつかせれば、さすがにそんなリスクは負えないと、泣く泣く諦めてくれるはずです」

 

いかがでしたか?

はっきり言って、男性に自分の友人・知人を紹介するだなんて百害あって一利なしです。なんのリターンもないのに、知り合いに嫌われるリスクすらありますから。

なので、これらのテクニックでさらっとかわしましょうね。

 

【関連記事】

※ 長瀬が2位!「男が好きなTOKIOメンバー」1位はついにきたアノ人

※ 必ずぶつかる! 女子をイライラさせる「もたつき男子」の特徴3つ

※ 一緒に暮らせない!「猫ちゃんに嫌われがちな男子」の特徴4つ

※ コレが究極っ!オトコが「本命女子だけにする」マジキス2選

※ セクシー!? 「巻き舌男子に言わせたい」キュン萌えフレーズ5つ

 

【姉妹サイト】

※ 毎朝ツラすぎ!「会社行きたくない症候群」をなんとか乗り切る裏テク3つ

※ 全てのママ必見!わが子が「素直な子ども」に育つたった1つの方法

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。