脳科学で「男が他の女に目移りしちゃう理由」を徹底解明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

デート中、彼がセクシーな女性に目を奪われてムカついたことはありませんか? しかも、そのことを咎めたら、「仕方ないだろ!」と逆ギレされたことはありませんか?

男はどうしてこうも見境がないのか……。「自分だけを見ていてほしい」と悩む女性のために原因を探ってみたところ、なんと脳科学で解明されていました!

詳しくは、医学博士・姫野友美氏の著書『男はなぜ急に女にフラれるのか?』からご説明いたします。

 

■男の脳は女の想像以上のいやらしさ!?

姫野氏によると、性に関する脳内の情報処理は、本能を司る視床下部と理性を司る大脳皮質というふたつの部分で行っているとのこと。そして、男性は視床下部女性は大脳皮質に重きをおいているのだそうです。

本能を司る視床下部というのは、いわばムラムラッとする衝動を引き起こします。一方、理性を司る大脳皮質では、セックスをするかしないか、どうすれば快感が得られるかといった判断などが行われています。

つまり、脳の機能上、性に関して男性はより衝動的で、女性はより慎重であるといえるのです。しかも、男性は、本能的な欲望をうむ性中枢の大きさが女性の2倍以上の大きさ。性欲の根源であるホルモンは、10~20倍多いといわれています。

このように、本能的欲求が高まりやすいため、男性はセクシーな女性を見ると、理性で判断する前に体が勝手に反応してしまうのです。この点、女性の場合は、異性に関する情報を大脳皮質でじっくり吟味するため、男性の見境なさをどうしても理解することができません。

 

■他の女に見惚れる彼氏が考えていること

では、セクシーな女性に目を奪われた男性の頭のなかはどうなっているのかというと? ……実は何も考えていません。本能で目が吸い寄せられているだけですから。

あなたが彼のことを許せないのは、自分が彼以外の男性を見つめるときと置き換えてしまうからではないでしょうか?

たとえば、女性が男性を「この人、素敵だなぁ……」と見惚れるときといえば、無意識のうちに、自分の脳内の男性リストにおいて、その男性のランク付けを行っているものです。脳内男性リストのなかには、もちろん恋人や夫も含まれます。

見惚れるうちに「あらいけない」などと罪悪感を覚えるのは、パートナーと目の前の男性とを比較してしまったからです。このように、男性を秤にかけるのは、視床下部よりも大脳皮質が発達した女性ならではの脳の働きといえます。

一方、男性の脳はというと、そこまで複雑な働きをしていません。セクシーな女性にただ体が反応しただけ……。

つまり、彼は脳内で「彼女よりもあっちの女のほうがいい女だな」「あんなセクシーな女を恋人にできたらなぁ」なんて思っているわけではないのです。しつこいようですが男の脳は本当に単純!

なお、あなたと比較しているわけではないので、仮にあなたが『ワンピース』のナミのようにスタイル抜群であっても、デート中にニコ・ロビンが通りかかったら、やっぱり彼はロビンに釘付けになるでしょう。

残念ですが、熱いものに触れて手を引っ込める。ボールが飛んできたので思わず目を閉じるのと、同じようなものだと考えてください。そう思えば、少しは腹の虫がおさまりませんか?

 

いかがでしたか? 「彼が他の女に目を奪われるのは脳のしわざ」などと言われても、すんなり納得できるものではありませんが、少なくとも“女性が男性を見る目”と“男性が女性を見る目”とは全く異なるということは覚えておいて損はないでしょう。

当記事が、あなたが穏やかにデートを楽しむヒントになれば幸いです。

 

【参考】

姫野友美(2007)『男はなぜ急に女にフラれるのか?』 角川書店