この時期多い!騙されちゃダメ「不動産屋オトコの色営業」実態4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今の季節は、引っ越しがとても多くなる時期です。みなさんの中にも、転勤や就職などで不動産屋に足を運ぶ機会のある人も多いはず。

しかし、不動産屋にも営業のノルマがあり、あの手この手で契約を取ろうとしてきます。なので、女性客を自分に惚れさせ、そのまま契約を決めさせようとする“色営業”の使い手も多いです。

この業種に、元ホストが多いことからも頷けますね。

そこで今回は、男女の恋愛事情に詳しい官能小説家の筆者が、“騙されてはいけない不動産屋の色営業”についてご紹介します。

 

■1:手が触れ合って……

非常によくありがちなのは、「それでは次の部屋を見に行きましょうか」となって内見を終わろうとするとき、部屋のブレーカーを落としてドアを開けようとするタイミングで、わざとドアノブを触る女性の手に自分の手をかぶせて「あ、ごめんなさい」とか言いつつドキドキさせようとするテクです。

部屋という密室で、しかも暗くなっているので、おまけに相手がイケメンだったりすると、キュンと来てしまう女性も多いのでしょうね。騙されてはいけません。

 

■2:駅まで一緒に歩いていいですか?

内見後、「駅まで一緒に歩いていいですか?」と言ってデート気分を味あわせようとしてくる男性もいます。

そこで仲良くなって、なかなか断りにくくするのが魂胆ですので、どれだけスーツの似合うイケメンでも、「結構です」としっかり断ること。

 

■3:「今度遊びに行ってもいいですか?」

ちょっとよさ気なお部屋を見るとき、「こんな部屋僕も住みたいなー。今度遊びに行ってもいいですか?」なんて言ってくるのも彼らの常とう手段。

「ここに住めば、この人と仲良くなれるんだ……」

と、ウブな女性ごころを利用する悪どい営業です。中には、「僕とここに住もうよ」なんて言われて契約してしまう人すらいるようです。

 

■4:「やめます」と言うと……

彼らの最大の特徴は、あれだけ優しくしてくれたのに、いざ「やっぱりやめようかな」と言うと、急に態度が悪くなってしまうこと。

あまりの変わりように、まるでヤリ捨てられたような気分になってしまいますが、それが彼らの本性だと知りましょう。

 

いかがでしたか?

お部屋は、みなさんのお城になるところ。決して、不動産屋の甘い罠にハマらず、自分の心とだけ相談して決めましょう。また、これらを避けるためのアドバイスとしては、誰か男の友人についてきてもらうのがいいですね。

 

【関連記事】

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ 必ずぶつかる! 女子をイライラさせる「もたつき男子」の特徴3つ

※ 一緒に暮らせない!「猫ちゃんに嫌われがちな男子」の特徴4つ

※ コレが究極っ!オトコが「本命女子だけにする」マジキス2選

※ セクシー!? 「巻き舌男子に言わせたい」キュン萌えフレーズ5つ

 

【姉妹サイト】

※ もう何だって許しちゃう!女性だからこそデキる「最強の土下座テク」4つ

※ モテ子は堂々と見せていた!接近戦で男が見てる女性のパーツとは