「愛するより愛されたい派」が8割超え!気になるその理由は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

飲み会で鉄板の恋愛ネタと言えば、「あなたは“愛されたい派”それとも“愛したい派”?」という質問。女子会はもちろん、合コンなど出会いの場においても、頻繁に登場する話題と言えるのではないでしょうか。

そこで『Menjoy!』では、一般女性500名を対象にアンケート調査を実施(協力:クリエイティブジャパン)。実際、どちらのタイプが多いのか検証してみましたよ~。

果たして、結果は……?

 

■“愛されたい派”がなんと全体の8割を占める結果に

調査の結果、意外や意外! 全体の79%もの女性が「愛するより愛されたい」と回答したことがわかりました。KinKi Kidsさんの歌にもある「マジで愛したい」タイプの考え方が減ってきているということでしょうか。やっぱり女性は愛されるほうが幸せを実感しやすいということか……?

続いては、気になるその理由についてもお話を伺ってみました。

 

■その理由は「一喜一憂する恋より、ほっと安心できる恋」

アンケートの回答を見てみると、以前は「愛したい」と意気込んでいた皆さんがふと我に返り、「一喜一憂する恋にはもう疲れた……」とシフトチェンジしていることが明らかに。「愛されれば、自然と愛することができると思う」と180度考え方を変えた方も多いようですね。

また、「愛される恋のほうが、気持ちがいつも穏やかでいられる」や「愛される幸せを一度は感じるべき。すごくほっとできる」と、実際に“愛されたい派”を経験した皆さんからのおすすめ意見も多数。

「より素敵な男性に愛されるよう、頑張ろうと努力するのも楽しい」と、やはり派閥チェンジの声が多く寄せられていました。

 

■一方、「それでも愛したい」人はこんな理由……

では、およそ3割の女性、「それでも愛したい」皆さんはどのような考えでいるのでしょう?

主な理由としてはやはり思った通り、刺激を求めるという意見が多く、「好きで好きでたまらない恋じゃないと意味がない」と情熱的な恋愛を求める声が多いようでした。

「愛するほうが楽しいし、自分にとっては幸せな気がする」「こっちのほうが、恋愛において確実な“充実感”を得られると思うから」など、“愛される”幸せも視野の端に捉えながらも、「自分にはこっちが合っている」と選択する傾向にあるようです。

 

以上、いかがでしたか?

是非、今後の飲み会ネタとしてご活用くださいませ。

 

【関連記事】

※ 女とは違うから注意!「実はオトコに言っちゃダメ」NGワード4つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ いや~んエッチ!男が「パンチラ好き」な理由がついに判明

※ なぜ彼女たちは選ばれるのか?CAに学ぶ「デキる女のモテ演出」3つ

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

 

【姉妹サイト】

※ これならイケる!会議中に「しれっとLINEチェックする」コツ4つ

※ 当てはまったらハイ次っ!あなたと「絶対結婚しない」男の特徴5つ

 

【参考】

※ ボイスノートインタネットリサーチ – クリエイティブジャパン