密室だからってダメ!ラブ旅行でも許されない「機内でのアノ行為」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

密室だからってダメ!ラブ旅行でも許されない「機内でのアノ行為」3つ

週末やちょっとした連休に、彼氏と旅行に出かける女性も多いですが、最近では、飛行機を使って国内や海外に旅行に行くカップルも、一般的です。

ところで、フライト中のマナーについては、意識したことはありますか?

機内での行動によっては、楽しいはずの旅行でトラブルが勃発したり、または、恋人から「育ちの悪そうなオンナだな……」と、ゲンナリされたりする要因にもなりかねません。

エクスペディアが実施した調査で、周囲の人を不快にさせるフライト中のマナーが、明らかになりました。

同調査を参考に、機内で迷惑行為に認定されちゃう、意外な行動を3つお伝えします。

 

■1:後ろからシートを蹴る

「飛行機に乗る際に、飛行機内で迷惑だと思う客はどんな客ですか?」という質問では、男女ともに「後ろからシートを蹴る」という回答が1位で、男性では25%、女性では30%の人が迷惑行為だと感じているようです。

わざと蹴っているつもりはなくても、なにかの拍子や、おしゃべりに夢中になって、つい当たってしまった経験を持つ人も、いるのでは?

何度もガンガンと蹴られたほうは、たまったもんじゃありませんよね。

「やめてもらえません?」と声をかけられ、せっかくのラブラブ旅行で気まずい思いをしないためにも、前のシートに足が当たらないよう、工夫して座ったほうがいいでしょう。

 

■2:匂いがキツい

恋人との旅行だからと気合をいれて香水をつけすぎると……、これも飛行機内では迷惑行為に認定されてしまうリスクが。

男性で21%、女性で27%が「迷惑だ」と回答していますが、密室になる機内で他人の匂いが気になり始めたら……具合の悪くなる人も出てきそうです。

彼のためにまとった香りが彼を苦しめていた! なんて残念な事態は回避できるよう、機内での香水はほどほどにしておきましょう。

 

■3:背もたれを深く倒しすぎる

男性で20%、女性で27%が機内での迷惑行為に認定したのは、背もたれを深く倒すことで3位にランクイン。

ところが、アメリカ人に同様の質問をしてみると、この行動を迷惑行為と感じる人は少なく、9位という結果に。

繊細な日本人だからこそ、気に障る人が多い行為といえそうですが、「後ろへの配慮ができない子なのかな?」と彼氏から残念なイメージを持たれないためにも、座席を倒すときには、ほどほどの程度に留めておくほうが、無難なのかもしれませんね。

 

いかがですか?

このほかにも、どんなにラブラブだからといって、周囲の人が耳や目を覆いたくなるようなイチャイチャ行為も、他の乗客にとっては迷惑行為になりかねません。

機内は密室ですが“公共の場所”という認識を持って、トラブルになるような行為はせずに、楽しい旅行を過ごしたいものですね!

 

【関連記事】

※ 愛が深まる!好きな彼と旅してみたい日本の世界遺産スポット5つ

※ 旅先でケンカしたときに!すぐ「現地カレ」が作れる英語術4つ

※ えっ…それも!? 「男性の愛情がじわじわ冷める」危険な発言3つ

※ ラブ旅行が台無し!彼が「別れてぇ…」となる宿泊先での女の失態3つ

※ 「友達とケンカ」よりヤバい!海外旅行でのトラブル第1位はアレ

 

【姉妹サイト】

※ 魔の昼下がり!仕事中の「どうにもならない眠気に耐える」4つのコツ

※ 眠れない夜に実行したい「プチ不眠を解決する」ちょっとしたコツ

 

【参考】

旅行におけるマナー事情 – エクスペディア