> > 子供の「スマホ変えたい」アピールは受け入れるべき、断るべき?

おすすめ記事一覧

子供の「スマホ変えたい」アピールは受け入れるべき、断るべき?

2015/03/17 17:00  by   | 自分磨き

もうすぐ春。4月からの新生活スタートに向け、ソワソワしながら準備を進めるのも中々楽しいですよね。いらないものを捨てて過去を一掃したり、服のワードロープを一新したり。中にはこの機に携帯電話を買い替える人も少なくないのではないでしょうか?

最近では小学生もスマホを持つことが当たり前になってきましたが、この時期は特に子供からの「スマホ変えたい」アピールが増えてきます。お子さまのいるご家庭にとっては、子供の要望も取り入れつつ家計も考慮する必要があるので慎重に検討したいところ。

子供が大人になるまでずっと、スマホを賢くお得に使いこなすには、どんな選択がベストなのでしょうか?

 

キャリア変更の落とし穴とは?

初めて子供にスマホを買うときは、家族全体が割り引かれるように同一キャリアを選ぶのは基本ですよね。

しかし、周りに影響される年頃になると「●●ちゃんと同じスマホに変えたい」と言われるようになり、子供に言われるがまま他キャリアに変えることを許可してしまう場合も……。

子供の要望を叶えたい気持ちはわかりますが、ここはもう一度割引のメリットをキャリアごとに比較検討したいところ。なぜなら、その差額はやがて欲しかったブランドバッグやアクセサリーが楽々と買える値段にも相当してくるからです。

 

キャリア選びだけで100万円お得に!

少しでも安くお得に済ませたいと考える場合、インパクトが大きいのが“学割”の有効利用。(※以降、税込での金額表記になります。)

キャリアごとに見てみると、ソフトバンクは、“子供が25歳までずっと親子揃って月額1,620円相当”のお得額。ドコモは、“子供は25歳までずっと月額1,620円相当、両親は1年間に限り月額1,458円”の割引。auは、“子供が25歳までなら、2年間に限り親子揃って月額1,620円”の割引となっています。

このように同じ学割といっても、キャリアによって随分ルールが異なることも見逃せません。

次に、キャリアごとに試算をしてみましょう。

たとえば小学校4年生(9歳)からスマホを持ち始め、25歳まで学割を使用した場合。子供が25歳まで、親子揃って割引されるソフトバンクは、1人当たり月額1,620円の割引が適用されるので、3人家族の場合、25歳までにドコモよりも約60万円安く、auよりも約90万円安くなります。

【お得額】 ※子が9歳で新規契約、子が25歳までの学割による家族3人の17年間のお得額の総額

・ソフトバンク  ・・・991,440円

・ドコモ      ・・・382,968円

・au       ・・・116,640円

※ソフトバンクとドコモは毎月データ量1GB(1,080円相当)を含む

積み重なると、無視できない大金! 条件が揃えば、長期的に家族全員が割り引かれるソフトバンクがお得なようですね。

 

お子さんから「スマホ変えたい」発言が飛び出したら、まず見比べたいのは長期的なスパンでの割引率。家族計画とともにスマホ計画も、長い目で検討しないと賢い決断はできないようですね。

 

【参考】

学割 – ソフトバンク

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'三井さおり'の過去記事一覧