> > 今始めないと間に合わない!春までに「うるおいモテ肌」を作る秘策

おすすめ記事一覧

今始めないと間に合わない!春までに「うるおいモテ肌」を作る秘策

2015/03/13 19:00  by   | 自分磨き

春といえば“出会いの季節”ですが、ただ出会っただけでは当然、恋は始まりません。初対面の男性のハートをわしづかみにするには、やはり見た目の印象がすごく大事。

その見た目印象を大きく左右するといっても過言ではないのは“肌の質感”。この春、幸いにしてイイ男とお近づきになる機会があったとしても、カサカサの乾燥肌ではそのチャンスを生かすことなど夢のまた夢……。

そこで今回は、春までにうるおいモテ肌を手に入れたい人に向けて、お肌の乾燥を招く意外な原因とその対策をお届けしたいと思います。

 

■春先こそ肌荒れが悪化する危険性が大!

お肌の乾燥といえば、特に冬場に悪化するイメージがありますが、実は春先も危ないということをご存知でしょうか?

気象庁のデータによれば、1月から3月は特に空気が乾燥する季節。さらに、春先に注意すべきなのはストレス。進学や就職、転勤など生活環境の変化が重なる春先は不安や緊張といったストレスが高まり、その影響で肌のうるおいが失われ、肌荒れという形であらわれることもあるそうなのです。

「そろそろ湿度が上がってきたから」とスキンケアをサボっていると、思わぬしっぺ返しを食らうことにもなりかねませんね。

 

■カラダの内側からカサカサ肌になるおそれも

また、肌の乾燥原因としてもうひとつ無視できないのが腸内環境の乱れ。

医学博士、平田雅子先生によれば、食事の偏りやストレスなどによって腸内環境が乱れると、善玉菌が減り悪玉菌が優位となって消化・吸収がうまくいかなくなります。その結果、肌まで栄養が行き渡らなかったり、悪玉菌によって生じた有害物質が血液によって肌まで運ばれたりして肌荒れや乾燥を引き起こしてしまうことがあるそうなのです!

つまり、乾燥肌の原因としては、カラダの外からの影響によるものと、カラダの中からの影響によるものの2種類があります。保湿など外側からのケアは入念にしているはずなのに、乾燥肌に悩まされている……という方は、腸内環境の乱れがその原因かもしれません。

 

■カラダの内側から肌ケアするために摂りたい食品は?

乾燥肌の原因は、カラダの内外2種類あるということは、その対策も2方向からおこなうことが必要だということですよね。

洗顔後や入浴後の保湿ケアの徹底といった“カラダの外から”の保湿はもちろんのこと、忘れてはならないのが、腸内環境を整えること。“カラダの内から”の保湿を意識した食生活を送ることが欠かせません。

では、具体的にはどのような食品を積極的に摂るのがいいのでしょうか? まず摂りたい食品はヨーグルト。ヨーグルトは腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるといいます。また、ヨーグルトは、肌の美しさ、キメの細やかさ決定づけている“セラミド”という成分の吸収効率を高めるはたらきもあるのだとか。

さらに、若々しく健康な肌を保つには、たんぱく質の一種であるコラーゲンも積極的に摂りたいところ。ただ、コラーゲンは肉や魚にわずかしか含まれておらず、普段の食生活で十分な量を摂ることはかなり難しいのだそう。

コラーゲンについてはサプリメントなどをうまく活用して、不足分を補っていくのがいいかもしれません。

 

肌が荒れていると化粧ノリも悪くなってしまうので、メイクだけではごまかしがききません。肌トラブルはカラダの外側だけでなく、食事でカラダの内からもケアをして、来るべき春の出会いに備えましょう!

 

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧