なぜかオトコがなびいてしまう!「心理的な作用」を促す香り3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

春の訪れで薄着になるとともに、汗のニオイが気になる季節になってきました。自分の体臭を消そうとして、香水を多めにかけたり、制汗剤を使い始める方も多いことかと存じます。

それではアナタが付けたフレグランスはどのような香りですか?

実はある特定の香りには男性と良い仲になることをサポートする効果があるんです。今回は『Menjoy!』の過去記事なども参考にしながら男性を惹きつける香りについて学んでいきましょう。

 

■男性が好きな香り3つ

(1)ローズ

モネル・ケミカル・センシズ・センターが行った研究では、被験者女性18人に5種類のオイルをつけたうえで顔の評価をしてもらいました。その結果、ローズオイルを付けた女性の顔の魅力を高く評価する傾向があったことが分かったそうです。

ローズの香りは人の気持ちをリラックスさせる働きがあり、相手の緊張を解きほぐすことになります。

(2)ラベンダー

ラベンダーには鎮静効果やリラックス効果があります。

さらにオランダのライデン大学の研究によると、ラベンダーには“信頼感”を上げる効果があることが分かってきたそうです。被験者90人を3種類の香水をつけたうえで、「後から3倍になる」という情報を与えたうえで、お金を預けさせました。するとラベンダーをつけた被験者が最も預け額が大きく、人を信頼させることが分かりました。

(3)フローラル系

爽やかな花の香りであるフローラル系(ローズもここに含まれます)の香りには、人のパーソナルスペースを狭くさせる効果があります。

この香りを身にまとえば意中の男性に物理的に接近することができるわけです。コミュニケーションが活発になり、恋仲へと発展させる可能性もあり得ます。

 

■香りには心理的な作用を促す仕組みが

これらの香りにはそれぞれ心理学的な効果があるのはもちろん、女性が身につけることによって“ハロー効果”を引き起こすのです。

ハロー効果とは目立つ特徴に興味が引きずられることによって、他の評価が甘くなることを言います。

つまり前述したような香りを相手の男性が感じることによって、アナタの自信のない部分への興味が減り、アナタ自身への評価を上げさせるのです。リラックス、信頼感、そしてパーソナルスペースの変化。3つの香りを相手の気分に合わせて使いこなせば自ずと恋愛感情に発展することでしょう。

 

以上、男性を惹きつける香りのご紹介でした。いかがでしたか? 自分はお気に入りの香水だったとしても、相手がその香りが好きではないこともあり得ります。

TPOも意識しながら香りを使い分けることによって、意中のカレがいつの間にか自分の近くにいつもいるような状態をつくることができます。帰宅後に自分の香水がどのような香りなのか確かめてみましょう!

 

【関連記事】

これはヤバイ!オトコがつい抱きしめたくなる「女の香り」5つ

でた~スメハラ女!「男性の8割があのニオイに我慢ならない」と本音

※ 貧乳でもバレない!「意外と巨乳じゃん」と思わせる日常しぐさ4つ

※ 男は変わらない!? 彼が浮気した時に知っておくべき3つのこと

※ もうモテモテ!「男が無意識に惚れる女」のボディーランゲージ4つ

 

【姉妹サイト】

※ なんとエレガンス!みんなが見惚れる働き女子の「タクシーお作法」3つ

※ 気になる時にたった3分!歯科医が伝授する「口臭撃退」の神テクとは

 

【参考】

悪用厳禁!脳に作用して人を信頼させてしまう「アノ香り」とは – Menjoy!

心理学で判明!「ローズの香りで美人になれる」驚きの理由 – Menjoy!

心理学で判明!「フローラルの香り」がモテる意外な理由 – Menjoy!