おすすめ記事一覧

貧乳コンプレックスを克服して「色気アピール」する方法

2011/09/01 20:00  by   | 大人

インターネットの掲示板やQ&Aサイトでは、“貧乳であることを必要以上に悩む女性”の発言をよく見かけます。確かに巨乳は色気があって男性の目を釘付けにできて、うらやましい存在ではあります。

しかし、育乳ブラをしてみたって、イソフラボンやプエラリアミリフィカなどの胸にいいサプリを摂ったって、なかなかすぐには膨らんでくれないのが胸の現実ですよね。

そんな、寂しい胸元に嘆くのはもうやめにして、今持っているあなたのパーツで生かせる部分を最大限活かしてみませんか?

 

ベストセラー『話を聞かない男、 地図が読めない女』の続編『嘘つき男と泣き虫女』によると、最も男性がそそられる女性の身体的特徴は、なんと“引きしまった体つき”なんだとか。

以前にも『たった1秒で超簡単!男性からの印象をアップする方法』でお伝えしたとおり、男性の脳は空間能力に優れているので、空間のなかにおける女性のたたずまいに惹かれるのです。

つまり、実は“スタイルがいい”、“姿勢がいい”などといった体に胸キュンしているわけです。

どうやら、男性が女性の胸ではなくウエストラインの比率に惹かれるということは、『男が本能的に惹かれる部位は「胸ではない」ことが判明!』でもお伝えしましたが、男性は女性の空間におけるフィギュア(形状)に魅力を感じるのです。

しかし、魅力を感じてもらためには引きしまった体つきになるしかない、というわけではありません。そんな体つきや豊かな胸以外にも、男性がそそられるパーツがあるのです!

そのパーツはなんと、“官能的な唇”

ちなみに、“豊かな胸”は3番目です。胸を差し置いて、2番目にそそられるのが“官能的な唇”だとは驚きですよね! なぜ、男性は胸よりも女性の唇に惹かれるのでしょうか?

 

『嘘つき男と泣き虫女』によると、理由は、

女の唇は大きさや厚みが女性器にそっくりで、また性的に高まったときに充血する点も同じなので、動物学者は唇を女性器のコピーと考える。

とのこと。

たしかに、なんとなく女性器を連想させる唇は、グロスでてかっていたり、ピンクに潤っていたりするだけでエロくてセクシーで女っぽさが増します。

男性も見た目にこだわるようになり、眉を書いたりラインを引いたりする方もいるみたいですが、さすがに口紅だけは女性の特権な気がします。

それもはるか昔、古くは6000年前の、ましてやビューラーやマスカラなんてない時代から、エジプト人も口紅を使っていたということですから、やはりその時代から赤い唇は女性であることのシンボルだったのでしょう。

先に述べたとおり、唇を透明なグロスでつややかにしておくと、男性の食いつきがいいのは、無意識に濡れた女性器を連想させるからかもしれません。

 

以上のことから、貧乳の女性でも胸以外のパーツで魅力を伝えられ、色気は十分出すことができることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ふだん隠れた場所にある胸よりも、つねにむき出しの唇は、隠れていない部分で一番エロさをアピールできるパーツ。しっかりケアしていきましょう!

 

【参考】

アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ(2004)『嘘つき男と泣き虫女』 主婦の友社

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'一ノ瀬都'の過去記事一覧