> > 最強はどれ?「厨二病」をこじらせた男の生態14パターン【前編】

おすすめ記事一覧

最強はどれ?「厨二病」をこじらせた男の生態14パターン【前編】

2011/08/31 17:00  by   | 男性心理

ネットでよく“厨二病(中二病)”という言葉を目にしませんか? これは、思春期特有の自意識過剰な言動を揶揄した表現です。

最近では、鳥人間コンテストに出場した東北大学パイロットがこれではないかとネットで大変話題になったので、この言葉を知っている人は少なくないのでないでしょうか。

何となく、大人になっても痛い発言や行動をする人のことを「厨二病をこじらせた」と使っていると思いますが、この厨二病が具体的にどういうものかをよく知らずに何となく使うと、赤っ恥をかいてしまいます。

なので、そうならないために、正しく厨二病について理解できる“実態”を14パターンまとめてみました。今回は【前編】として、まずは7パターンをご紹介します。

 

■1:ロック魂

ロックといえば時代への反逆。反骨精神あふれる若人はロックに憧れを抱くものです。ところが厨二病の場合、それがやや歪んだ形で現れます。

弾けもしないギターを衝動買いして「独学で弾けるようにする」と宣言した挙句、ドレミファソラシドが弾けるようになった時点で満足して投げ出した。

勢いで楽器を始めたものの挫折してしまうというのはよくあることです。ただ、ドレミファソラシドを練習するという時点で何か間違っているような……。

中学生のとき漫画に影響されてギターをやっているやつが格好良いと思い始め、
弾けもしないのに近所のリサイクルショップでハードケースだけ買って毎日空のままそれを持って登校していた。
これで女にモテモテだろうと思いきやよってきたのはキモメン友達のみ。
設定は伝説のギタリストの死に際に偶然立ち会った際に託されたギターというものだったので
「それどうしたの?」と聞かれると「ああちょっとな…」と答え、
小声で「いつかあんたを越えてみせるよ…」とか言ってた。

ギターケースだけでも結構重いし、かさ張るのに、毎日持参していたとはご苦労さまです。伝説のギタリスト云々というあたりが、いかにも厨二病といったところ。

なお、上に挙げた例のように、大言壮語するものの、形ばかりで技術が全く身につかないというのも、厨二病の典型的な特徴です。

 

■2:俺は“最強の男”

いつの時代も、少年漫画誌で不良モノ・格闘モノが人気なのは、それが厨二病の夢を凝縮したものだからでしょうか?

何の根拠もなく自分は強いと感じていた俺。
つっぱりグループにも相手にされてない訳だから、修羅場に出くわす事もない。
しかし、俺のいない場所での武勇伝を聞くと、

その場に俺がいれば、そこをこうしてああして…妄想突入
悪い奴らを打ちのめした俺に、
つっぱりグループから一目置かれるような賞賛の声、
つっぱりグループの女からの告白、困る俺…

どんどん気が大きくなり、春日みたいに胸はって歩くようになった。
ある日、隣のクラスで喧嘩が始まった。
「ようやく俺の出番だ!」
急いで行ったら教室の入り口は既に黒山の人だかり。
「ちょっとごめん…」合間を縫って入って行こうとしたら、「おら、どけ」との声。
(こいつ、強い…)
直感でそう感じた俺は「ごめん…」と言って場を譲った。
俺の目の届く範囲での修羅場はそれ一回きり。
未だに俺の強さを誰も知らない。

おそらく彼が修羅場を知らないのは、周囲の誰もが彼に恐れをなしてケンカを売らないためでしょう。それにしても、“つっぱり”という表現は久しぶりに目にしました。

俺背が高くないから対デカイやつ用のコンボ技を考案して練習してた
膝を前からコンパクトに蹴る→蹴った足の着地と同時に体当たりの感じで腹に肘打ち→肘打ちした手で顎を下から掌底→体重掛けて折るつもりで踏みつける感じで膝を蹴る
みたいなの

とっさに出せるように練習してたな
今でも気づくと頭でふと手順確認してるオサーンがいる

脳内シミュレーションは大事です。物騒な世の中ですから、いつか実戦で役立つときがくるかもしれません。

なお、上の『1:ロック魂』では、楽器を購入するなどの具体的アクションが少しはあるものの、この『2:俺は“最強の男”』の場合は、完全に厨二病患者の脳内でコトが完結することがほとんどです。

 

■3:心は常に戦闘態勢

厨二病の辞書に“平和ボケ”という言葉はありません。心は常に臨戦態勢という3例を一気にご紹介します。

航空機が通り過ぎた後に「米軍の哨戒機……どういうことだ」と呟く

何か行動を起こす時は「○○1より指揮車、これより作戦行動に移行する」と呟く

厨房の頃は、授業中いきなりF35がグランドに垂直着陸して、中から出て来たパイロットに「◯◯大佐はいますか!?」と言われて、俺が「ついに国境を超えて来たか・・・・」と言い残してF35に乗って華麗に学校上空で空戦をしている妄想を毎日みた

今もだけど

いわゆる“軍事オタ”は、成人男性でも結構いるものです。このカテゴリーについては、思春期を過ぎても熱が冷めず、隠れ“厨二病”な大人が少なくありません。(もちろん表には出さず、心のなかで夢を描いているだけですが……)

 

■4:特殊任務?

学生だったりサラリーマンだったりするのは仮の姿。実は、厨二病患者は、重大な特殊任務に就いていることがしばしばです。

建物で一箇所だけ明かりがついているところを見つけると
「あそこか……」
と呟く

あそこは殺人現場か、はたまた敵のアジトか? いずれにしても、刑事・探偵ドラマの見すぎでしょう。

「クソ!こんな時に!」

と言って意味もなく授業中に教室を出る

授業中に立ち歩くのは、他の生徒の迷惑になるのでやめましょう。先生もきっと心配してます。

500円玉いれた生徒手帳を
胸ポケットいつも入れてた
「狙撃されても大丈夫」とか思いながら

500円玉で防弾になるのかどうか不明ですが、備えあれば憂いなしですね!

 

■5:二次元キャラなりきり

ゲームやコミックなど、二次元の世界の登場人物になってしまうのも、厨二病でよく見られる症状です。

雷雨の時、屋上に上がり「サンダー」とか「ライデイン」とか叫んだ

厨二病患者は、みんな呪文を唱えるのが大好き。

親の財布から金盗んでバレて
親にアンタなんでこんなことするの!!って言われたとき

俺はシーフだから物を盗むのは当たり前だろ?
って反論してた、当時FF3にハマってました

いや、どう考えても金を盗むのはマズイです。意味不明の反論も、厨二病ならではといえるでしょう。

厨二の頃、エヴァが好きでな。

とにかく機械に乗りたくてあ、そうだ!!的に親の車の鍵を盗んで乗ったわけ。

乗る前に妹(ミサトさん役)に「乗りゃいいんでしょ?乗りますよ…」とか言ってw
妹も「???」ってなってたわな。

そんでマニュアルシフトのレバーをガチャガチャしながら「動け!!動け!!動け!!動け…動いてよぉぉぉぉお!!」
とかやってたらサイドブレーキ降りたらしく、我が家のボンゴが隣の兄チャンの新車のランクルに激突ですわ。

死ぬほど父に怒られて殴られても俺は「こんな父親、父親なんかじゃないよ!」
と叫んだ次の瞬間、本気のグーで顔面殴られて大出血。

エヴァにかぶれるのはありがちですが、いろんな意味でこれはひどすぎます。妹も父親もお隣さんも大迷惑。事故のケガがなかったようなのがせめてもの救いです。

 

■6:伝説の剣

『5:二次元キャラなりきり』から派生したカテゴリーです。

閉じた傘を左手逆手で持って歩く
人がいなければ抜刀するフリをする
素早く右手に持ち替えて、また左手に戻して、みたいな感じで

とりあえず傘は、“伝説の剣”として厨二病の必須アイテム。おじさんが傘でゴルフスイングするようなものだと考えてください。

頂上に防空壕があるあんま高くない山が家の近くにあったんだ。
そこに俺はいつも偽物の刀とか南天喉飴とか「入山許可証」って書いた紙を持っていって
「ハァッ!!」とか言って刀振り回してたね。あと手の平に「鬼」って書いてたな

南天喉飴は非常食でしょうか? 手の平の“鬼”の文字もなかなか厨二病らしいセンスが感じられます。

 

■7:インテリへの憧れ

思春期には、知識面でもちょっと背伸びしたくなるものですよね。ただし、厨二病は、いささか背伸びしすぎのケが……。

裏で薬学に精通してる人間だと勘違いしてた

ウィキとかでちょっと調べた知識を自慢気に喋ってた

死ね、俺死ね
厨二俺「毒殺なんて簡単にできますよwww」

今でも死にたくなる

まぁ、たまにネット情報を駆使して、爆弾とかヤバイものを本当に作っちゃう人もいるので、口先だけならまだかわいいかもしれません。

坂口安吾にかぶれて書き初めで「白痴」って書いて先生をドン引きさせた。

「周囲の誰も使っていない熟語。しかも文学作品が由来って俺かっこいい!」というのが厨二病的な発想。ただ普通、書き初めには新年の目標や前向きな言葉を書くものですよね……。教室に全員の作品を貼りだしたところを見てみたいです。

俺の場合は中二病とかそういうレベルじゃなかったわ。
幼少期から宇宙が好きで、20冊以上宇宙の本も読みあさってたから周りより詳しかった。

ある女子が俺の読んでる本をみて、この星綺麗だね!と。
俺は知識を絞り出し星の説明をした後何を思ったか「ちなみに俺が発見したんだ」とw
しかし次の日は俺が発見した星で持ちきりだった…
○○が発見した星が本に載ってるぞ!とか。

俺って奴は…

異性にいいところ見せようというのは思春期なら誰しも理解できますよね。ただ、「俺が発見」というビッグ・マウスぶりが、単なる思春期とは一線を画す厨二病らしさを表しています。

 

まずは7パターンを紹介しましたが、少し厨二病のイメージがつかめてきたのではないでしょうか? 次回は、後編として残りの7パターンをご紹介します。お楽しみに!

 

【参考】

※ おまえらが中二病だった時の行動あげてけ – 2ちゃんねる☆まとめBest!

中学時代にモテると思ってやってた痛い行動 : イフカルト – ライブドアブログ

【厨二病】嫁にも言えない俺の歴史【中二病】

※ いまだにやってしまう厨二・邪気眼行動 ぶる速-VIP

ひょんじ速報 学生時代にやった厨二病な行動

VIPPERな俺 : 中二病にかかっていた時の痛い行動を懺悔

中二病にありがちなこと2 – 2ちゃんねるキャッシュ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧